東京一六会新年会開催 H30.1.20

去る1月20日(土)、恒例の新年会を、いつもの池袋の居酒屋:北海道で開催しました。
女性3名を含む19名の参加がありました。退職後、生活の拠点を故郷飯田に移したN君も、たまたま上京する機会があり、初参加。
我々も今年は皆73歳を迎える後期高齢者一歩前、健康寿命はあと数年を残すばかりとなりました。コース料理に各種の酒飲み放題付きでしたが、料理も多く残り、若いときは酒豪でならしたO、M、H君らもあまり進まず、ほどほどの酔いですませたようでした。
ところで、これまで恒例の暑気払い、新年会参加の呼びかけは、事務局で把握しているメールアドレス35名程度にPCでしているだけです。しかし平成13年に「55歳の修学旅行」を実施した際に改訂された名簿を見ますと、東京、千葉、埼玉、神奈川の首都圏に在住する一六会メンバーは120名ほどいます。
もし、このHPをご覧になった方で、今後各種の一六会のイベントの連絡を受けたい方は、
下記アドレスまでPCまたは携帯のアドレスをお知らせ下さい。
まだまだ元気な一六会メンバーの参加を求めたいと思います。

okitsu@cameo.plala.or.jp    興津 利夫あて

 

一六会恒例の新年会H30.1.14

飯田一六会親睦会の20名が恒例の新年会を昼神温泉「ホテル天心」で開催した。今回は、B組の吉野 満氏が厚生労働大臣表彰を受章された。もう一人長野在住のC組筒井幸彦氏が、秋の叙勲で瑞宝双光章を受章されている。この両氏の祝賀を兼ねての会である。セレモニーでは、同じB組の浜島光男氏による、ユーモア溢れる紹介と、市瀬武彦一六会会長の祝辞、宮川知郎氏の乾杯で宴会が始まった。本当に楽しい時間である。ビンゴゲーム用に、皆で持ち寄った物と、役員が買い出しした物で舞台が一杯である。真剣に番号を見て、ビンゴが来る度に、歓声が上がる。どう見ても高校生に戻っている72歳。最後は、何時ものように、今年の福男を決めるじゃんけん大会、福男は、浜ちゃんこと浜島氏が獲得。カラオケルームでの2次会では、自慢の喉や、合唱など、打ち解けた良き時を過ごせた。次の日は菅沼二三夫蕎麦打ち名人の指導による、蕎麦打ちがあるのですが、名人東京へ行く用があり、残念ながら、中止になった。
また来年も元気で,来れる事を誓いながら帰路に就く。

 

 

 

一六会の皆様 明けましておめでとうございます。会長 市瀬武彦

明けましておめでとうございます。
昨年は冷夏で、秋には大雨と台風とで、あちらこちで災害が起きました。飯田地方ではお陰様で大きな災害は無かったのですが、農作物には、被害が起きました。特に果物は、雨で実が成長?して早期に落下してしまう、農家ではありませんが、我が家の1本甘柿で、初めての経験をしました。
市瀬会長より、年賀状に記載されている様に、京都護王神社の狛猪から狛犬まで12支 京都を中心に、原稿を頂きました。本当にありがとうございました。
それと、このホームページを繰って見ると、何と色々とありましたね。クラス・仲間・イベントそれぞれに、はつらつとして、まだ青春そのもの、しかし写真の中には、亡くなわれた友の顔があり、1人1人を思い耽る。歳なりにあちこちの衰えを感じる様になりましたが、彼らに、リニアの乗り心地などを話してやりたい。皆さんも体に気を付けられ、一緒にリニアモーターカーに乗りましょう。

東京一六会暑気払いを開催

去る8月26日(土)、東京一六会では恒例の「暑気払いを」を池袋・居酒屋『北海道』で開催しました。
途中でキャンセルが2名ほどありましたが、総勢18名の仲間が集まりました。
久しぶりに参加の「海外ぶらり旅」から帰ったばかりのS君、彼は奥さんの了解を得て、半年は「海外ぶらり旅」を続けているとか。また、親の介護生活のためなかなか参加が難しかったMさんも久しぶりに出席、常連では、悠々自適生活を楽しんでいるF君は、暇にまかせてトレーニングに通いつめ、見事に体を絞り見違えるような体型になったことを報告。
さらには、卒業以来初めて一六会のイベントに参加のO君をおりました。
定年退職後、会社を興し、まだまだ老いてはいられないと、熱く仕事への意気込みを語ったI君。
そういえば、まだまだ現役で活躍している仲間が6名ほどいました。高齢化社会を迎えて今日、なかなかたくましい仲間たちです。
会場の隅では、ゴルフコンペの企画を楽しそうに話し合っている仲間もおり、定刻5時から始めまった宴会も2時間の延長を重ね、9時の解散となりました。(写真提供・伊藤昭吉、文責・興津利夫)

  

   

  

 

高16回生元野球部監督田中正俊新聞に掲載される

IMG

H29/2/15日付の信濃毎日新聞に田中正俊元野球部監督 自費出版の記事が掲載される。

高校から野球に打ち込み、33年の監督生活を振り返った「球魂」を自費出版された。飯田高校野球部監督時代は、凛々しく短髪と後ろ前が分からない位日焼けした顔も、髪も白く、顔も伸びてきた、しかしこの笑顔が、満足、悔いない人生そのものだ。昨年一六回では、記念祝賀会をマリエールにて行ったが、その席でも、5升(勝)で甲子園と、酒を酌み交わした事や、何回も上田球場まで,応援に行った事、共通の夢を追い続けた事、語り合った。明日は16日それぞれの思いを抱き「焼肉徳山」だ。

東京一六会、新年会を開催

DSCN5087
去る1月28日(土)、恒例となった池袋・居酒屋北海道において、新年会を開催しました。事務局が把握している30数名のメールアドレスに参加を呼びかけたところ、22名(インフルエンザ、その他で前日2名が辞退)の出席が得られ、近年では最多の参加者となりました。久しぶりに4名の女性陣も加わり、賑やかな宴となりました。
我々古希を過ぎて2年、今年で72歳を迎えますが、並の高齢者ではなく、“飲み放題”での予約のため、ビールはもちろん、焼酎、ワインを次々と注文し、酔うほどに談論風発。ただし、飲んでは話し、話しては飲むの繰り返しで料理は大分残ったようです
事務局では皆高齢者のため、また遠方からの参加者もいるため、17時から19時の2時間の宴での予約でしたが、二次会を求める声が強く、一次会終了後、池袋の雑踏をぶらぶら歩き、偶然見つけたカラオケ屋へ闖入。ほとんど歌うことなくまたまた話の続き。1時間後にやっと散会。次回の参加を約束しながら各々夜の巷に消えていきました。
地元飯田の一六会の温泉ホテルでの豪華な新年会には及びませんが、それなりに元気な姿をお互い確認し合ったひとときでした。
(写真提供:伊藤昭吉・前田由理 文責:興津利夫)

DSCN5090IMG_20170128_191907IMG_20170128_191923

IMG_20170128_191949IMG_20170128_191953IMG_20170128_191953

IMG_20170128_192228IMG_20170128_192123

 

一六会27回目の新年会H29.1.15

DSC_7231

飯田一六会親睦会(代表市瀬武彦)は15・16日と昼神温泉で新年会を開いた。もう27年にもなる。今回は24名の参加で、静岡のG組 澤口寿男元警視正の瑞宝章双光章叙勲とA組 中平文夫町会議員当選の祝賀会を兼ねての、懇親会である。式典に宮沢・木下両氏によるユーモアある二人の紹介があり、市瀬会長より祝辞と乾杯があった。昨年この昼神温泉に天皇両陛下ご来訪の時、満蒙開拓記念館に立ち寄られた、その時親しく接された河原進館長から、その時のエピソード、秘密裏の1年も前より打ち合わせがあり、緊張の中その日を迎えた事など、一生の内に拝謁など無い事に、質問が殺到した。宴会は何時もの様に楽しい一時であった。最後に厭きもせずビンゴゲーム、係り3人が景品5万円もの買い出しをし、持ち寄られた景品とで舞台が山積み、争奪戦が始まる。2次会は、カラオケBOX、最後には「高校3年生」で締める。一部屋に集まり、二時頃まで、飲み、お喋りする、腹を抱え笑ったり、リニアに乗るまでは、元気で居たいと願う。第三者がこの部屋を見れば、これで72歳?とびっくりするだろう。翌朝十人ほどで、恒例の蕎麦打ち体験に移動する、何年もやっているが、年1回では、忘れてしまう。菅沼二三夫蕎麦打ち4段の手ほどきにより、何とか出来上がり、打ち立てを賞味した。うまい!
何時も感じる事であるが、浴衣の裾がみだれ跳ねても、他の宴会と違う、同年生とは、打ち解け方が違う良き仲間である。

DSC_7180DSC_7184DSC_7217

DSCN2234DSCN2237DSCN2238

DSCN2242DSCN2239DSCN2240

2017年 酉歳明けましておめでとうございます 市瀬武彦

img_0001けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 一六会 会長 市瀬武彦

今年は7回目の酉年です。そして卒業55周年を迎えます。子供が25周年記念大会と喜んで準備をしている姿を見て、歳月の早さを感じます。
奈良県生駒郡斑鳩町にあります龍田神社をNetで調べてみました。

聖徳太子が法隆寺の建設地を探し求めていたときに、白髪の老人に化身した龍田大明神に逢い、「斑鳩の里こそが仏法興隆の地である。私はその守護神となろう」と言われたので、その地に法隆寺を建立し、鎮守社として龍田大明神を祀る神社を創建したという。元々の社名は「龍田比古龍田比女神社」で、その名の通り龍田比古神・龍田比女神の二神(龍田大明神)を祀っていた。延喜式神名帳にもこの名前で記載され、小社に列している。(ウイッキペディアから抜粋)

一六回生 二八年度 二人の快挙  

28年度叙勲受賞 沢口壽男(G組)元警視正に瑞宝章双光章が送られた。氏は静岡県警各所長を務められた、その人望は素晴らしく、また一六回 四五周年記念式典では、浜松にて責任者として、采配を振るい、挨拶の中でも人の気持ちを削がない人間性を見せた。毎年暮れには、沢口を囲む会が、飯田市内のスナックで開かれ、カラオケ「高校3年生」を合唱するのが常になっている。
すでに受賞されている筒井幸彦(C組)元長野県警警部は、H15年3月14日皇居にて警察功労賞を送られ、天皇両陛下から夫婦で拝謁を受けた。自分の趣味の中で、車の整備士でありカタログ等収集から、あらゆる車に詳しく、本も出版している、事故車両、ひき逃げ等、少しの欠片から、いち早く車の割り出しをし、犯人逮捕に多大な実績を挙げ、長野に筒井ありとまで、言われていた。

img_0001任期満了に伴う松川町議選が11月に行われ 新人の 中平文夫氏(A組)が見事当選した。会社を経営したり、ロータリークラブの会長などを経験していたが、選挙は新人にとって本当に先が見えない戦いであり、奮闘した結果の当選であったから、その喜びは一塩であろう。信濃毎日新聞抜粋

既に退職されてはいるがF組の塩澤敏行氏、遠く鎌ヶ谷市で、永い議員生活の中、議長も経験している、氏は、高校時代、応援団長として、学年、学校をまとめ、長身でスリムな きりっとした顔立ちは、校内、他校からの人気者であった。

一六会浜松市水窪足神神社例大祭参加 10.2

img

今年で何年になるだろう、この神社の宮司が一六会会員である事、日本で一番小さな祠の神社、しかし有名なアスリートが参拝に来るなどである。何より、祝詞奏上を始め例大祭が終わり、本殿前にての直会講話が良い、今年はオリンピック選手の気持ちについての講話であった、守屋宮司は、この地に伝わる西浦田楽保存会長でもあり京都大学で講演をするほどであるから、他の神社ではありえない話が聞ける。毎年天竜新聞(地元新聞)は、一六会を取り上げて下さる。