応援歌・選手壮行会

         永見 勝茂 詞(中46回)

一、ああ正大の気はあふれ     二、怒濤を駆くる大鴻の

  うすもやとけし高松の       張れる翼をそのままに

  益良夫の意気燃え立ちて      雲よび風散る健闘は

  戦はんかな時来たる         スパルタの士に劣るまじ

  (くり返し)           (くり返し)

  選手らよ敢然と奮へ戦へ

  勝利の勝どき我が挙ぐるまで

三、それ谷に咲く白百合は     四、暮色あたりを包むころ

  ソロモンの栄に勝れるを      勝利の曲の感激は

  敵勢いかに傲るとも        うら若きこの流涙に

  我らの前に何せんや        知らずや君の健闘を

  (くり返し)           (くり返し)

  曲に戻る