2011 (H23)年総会記録

・2011年11月12日(土)13:00~16:30 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高26回、高36回
・講演およびパネルディスカッション 「ふるさとは、近くで聞いて、語るもの」 ~リニア時代を迎え、激動しはじめる故郷に東京からできることは?~
・懇親会 ・会費:男性8,000円、女性6,000円(含維持会費1,000円)
総会写真 <撮影:幹事の皆さん>
・アンケート集計
<大原直事務局長報告記>
  11月12日に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において143名の参加のもと開催されました。今年の総会では役員改選があり、小椋貞夫会長(高5回)に代わって、西村清一さん(高7回)が新会長に選出されました。その他、金田明夫さん(高7回)の副会長、および大原の事務局長の新任が承認されました。 (詳細は「役員」欄をご覧下さい。)

  今年の総会・懇親会は26回生(篠田雄二幹事長)および36回生の学年幹事により遂行されましたが、今回は例年の記念講演に替えて、パネルディスカッション「ふるさとの今、これからの飯伊」が福澤計人さんの司会で行われました。 パネラーはいずれも飯田から参加してくれた26回生の小林敏昭さん(飯田市役所)、菅沼康臣さん(飯田信金)、中島貞男さん(中島医院)、小島康晴さん(県議)の4人でした。飯伊地区の現況と今後の課題について、興味深い話が披露され、聴衆を楽しませてくれました。1時間限りの討論でしたが、聴衆の評判もよく、今回の討論会の準備に十全を尽くした篠田幹事長をはじめとする学年幹事の皆様のご努力が報われました。

  第3部の懇親会では、下澤秀夫校長によるラグビー班の2年ぶり7回目の花園出場決定の報告があり、カンパ支援を訴えましたが、喝采を浴びました。また、乾杯と同時に4名の美女(「メリーゴーランド」の皆さん)による琴伝流大正琴(会長:北林豊さん(21回))が校歌など数曲を演奏し、懇親会に彩を添えました。 最後は、元応援団の中島光夫さん(高21回)および代田秀雄さん(高33回)の指揮により、飯田高校ラグビー班の花園出場を祝いつつ、参加者全員で応援歌、校歌が斉唱されました。そして本島信副会長の中締めの挨拶で、在京飯田高校同窓会総会は幕を閉じました。

  はからずも私が事務局長に就任することになりましたが、在京飯田高校同窓会の更なる発展のために、微力を尽くす所存ですので、皆様のご協力とご支援を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
(追伸) 参加された南信州新聞の長沼節夫さん(高13回)が、同窓会総会の模様について11/17付けの記事を掲載しましたので、ご参考にファイルを添付します。→ 南信州記事20111117