稲穂【第十三号】2016/10/1刊


題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「Cityscape-1525」 北野敏美作
目次ページ
アングル 飯田人が守った石灯籠
『稲穂』第13号の発刊に当って 
同窓会 参加してこそ!(佐々木康夫)
随想 反骨の弁護士正木ひろしの素顔と魅力 (古畑恒雄)
随想 1964東京オリンピック 初の衛星中継の成功物語 (小塩立吉)
インタビュー 調香師として生涯現役
振り返れば香りまみれの人生 (茅原直人)
随想 第二の人生 画廊経営に挑戦 (山岸三樹)
随想 人形劇と付き合って40年 (松澤文子)
随想 甲子園を夢見て (田中正俊)
特別寄稿 海とマグロと同窓と 出会いの思い出 (上柳昭治)
写真で見るふるさと南信州 阿南町 下條村
随想 南信州を彩る伝統野菜 (久保田淳子)
平成27年度在京飯田高校同窓会講演から
口腔と健康 (石原和幸)
随想 私が帽子を作っている理由 (下平紀代子)
随想 ブータン訪問記 (櫻井 孝)
随想 放射線発がんの研究に携わって (小木曽洋一)
随想 「胡桃澤盛日記」について (胡桃澤克成)
随想 3.11 特急あずさ車内での被災体験 (小澤千穂子)
随想 下北沢に生きて、人と街をつなぐ (下平憲治
・フレッシュトーク 大越森平/小平泰子
今号の表紙画家 版に日常と生命の記憶をかさねる (北野敏美)
各期同期会のトピック・エピソード
平成28年度・在京飯田高校同窓会のご案内
編集後記