稲穂【第十一号】2014/10/1刊

稲穂_表紙2014年 題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
 <各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「卓上静物」F100 1988年 富山県高岡美術館所蔵品 山岸忠彦作
目次ページ
・アングル 夢をみる「赤石」墓碑
『稲穂』第11号の発刊に当って ……有効な「一年生の進路研修旅行」(西村清一)
随想 帽子づくり一筋に (市瀬文雄)
随想 琉球文化(琉歌・琉舞)の魅力 (中平三千彦)
随想 大江磯吉の胸像建立 (吉澤香代子)
随想 アカシヤの大連の思い出 (櫻井勝司)
随想 「六十の手習い」でバイオリン制作に励む (宮嶋耕治)
随想 小さな旅行会社の”生き方”論 (原 優二) 
写真で見るふるさと南信州 飯田市遠山郷/飯田市上郷
平成25年度在京飯田高校同窓会講演から
      遺伝子の働きを知って病気を防ぐ (池田正明)
『稲穂』インタビュー/ピアニスト・日下部かおりさんに聞く
   シュターミッツ四重相談との共演は奇跡のような時間
フレッシュトーク 尾太優斗/森本万葉
随想 船乗り人生、紙一重の差を想う (木下昭明)
随想 長野県の山奥から深海調査に至るまで (野牧秀隆)
随想 林俊との出会いと著作 (井原 修)
イベント 超豪華版!秋の散歩「菱田春草展」 (牧内雪彦)
各期同期会のトピック・エピソード 
今号の表紙画家 「卓上静物」を描く想い (山岸忠彦)
編集後記
平成26年度在京飯田高校同窓会のご案内