稲穂【第九号】2012/10/1刊

稲穂_表紙2012年
題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
 表紙:「私たちの作品を見てくださいー飯田市美術博物館にて2007」前沢知子(高43)
目次ページ
・アングル 「グス」、憧れのメッチェン
・『稲穂』第9号の発刊に当って (西村清一)
・巻頭特集:座談会 女子少数の高校時代、学んだことは「男の子なんて怖くない」
・随想随想 俳句と仮装行列と (林 璋)
・在京飯田高校同窓会のご案内
・随想 社会科学研究班(社研)創設の頃 (岡村隆臣)
・随想 悲願の「満蒙開拓平和祈念」建設 (河原 進)
・随想 野球は人生の教科書だった (加藤 哲) ・随想 トキに思いを (西成典子)
・随想 ダイバーシティ(多様性)の種を蒔く (豊田朋子)
・随想 メタボ健診と健康相談 (安田澄子)
・随想 本との出会いをここちよく (種村由美子)
・随想 あまり報道されない韓国の断片 (小林爽子)
・写真で見るふるさと南信州 中川村/売木村
・平成23年度飯田高校同窓会講演から ふるさとは、近くで聞いて、語るもの
・随想 合唱団「カネト」東京公演を終えて (丸山百合)
・随想 地域と子育てと美術の可能性 (前沢知子) ・随想 恒星・超新星の話 (藤井紫麻見) ・クラブ活動OB会より 図書委員会報告 (北原 幸)
・フレッシュトーク 平栗響子/矢野寛貴
・追悼 『花は咲き、花は散った』から 林京平先輩を憶う
・各期同期会の活動状況
・「飯田ゆかりの地を歩こう会」ー東京の飯田を歩くー
・編集後記