稲穂【第六号】2009.10.1刊

稲穂_表紙2009年 題字:高田墨山氏(高7)  
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:上村朱里氏(高52回)  
目次ページ
アングル 「我が母校、ここに始まる」
『稲穂』第6号の発刊に当たって 「伊那谷の三四郎」六十年の月日 (岡村隆臣)
巻頭特集/座談会 同窓会はメディアである
特別寄稿 大空を翔け巡った35年 (中島武)
随想 伊那山脈の最高峰・鬼面山に登る(下) (本多勝一)
『稲穂』インタビュー6/萩本博幸同窓会会長に聞く– 故郷飯田に、熱い思いを寄せて—–
随想 <物を詠み込む歌>と<気付きの歌> (奥村晃作)
随想 「青き心」で、地域に生きる (三宅稜威夫)
足跡点描 食事と運動、ストレス解消 (林泰)
随想 「犬も歩けば棒に当たる」方式で・・・ (山田拓)
飯田・下伊那の昆虫や動物たち (撮影・山田拓)
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃 6
リレー随想 6 桑の木とコタツ (宮内邦子)
平成20年度在京飯田高校同窓会講演要旨
  変わりゆく故郷~下伊那の今日そして明日 (平澤和人)

随想  ラオスで見た昔の南信州のおもかげ (小林天心)
随想  中学卒業記念のサイクリング (高田富美子)
随想  番組プロデューサーという仕事 (中村百合子)
フレッシュトーク  (井坪香織/久保田潤)
随想  ムーミン鬼とミイの尻尾 (松村一登)
随想  この改革に、”参戦”を! (代田昭久)
随想  二つの祖国を生きる (大橋春美)
お知らせとお願い/『稲穂』バックナンバーのご希望の方へ
各期同期会の活動状況
編集後記