「稲穂」への感想・意見をお寄せください

注目

機関紙「稲穂」は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、ホームページ「機関紙 稲穂(TOSUI)」からも全文をお読みいただけます。
記事内容・執筆者・広告などに関して感想、意見、要望等お寄せ下さい。 今後の編集に皆様の声を反映させていきたいと考えています。 ご協力をよろしくお願いいたします。
松原秀幸(担当副会長) 連絡先はこちら
編集委員は、こちら
編集委員会活動記録は、こちら


第15号(2018) 第14号(2017) 第13号(2016)
第12号(2015) 第11号(2014) 第10号(2013) 第 9号(2012)
第 8号(2011) 第 7号(2010) 第 6号(2009) 第  5号(2008)
第 4号(2007) 第 3号(2006) 第 2号(2005) 創刊号(2004)

『稲穂』第14号 2017/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁 酒井崇氏(高49)
表紙 「OKINAWA」 樽沢泰文氏(高24)

目次ページ
・Angle(アングル) 再訪わたしたちの「聖地」永昌院 (牧内雪彦)
・『稲穂』第14号の発刊にあたって あらためて『稲穂』について (佐々木康夫)
・【わたしの人生】 ポジティプに動けば道が開ける (唐澤佳長)
・【いま第一線】 歴史を証言するジャーナリストとして (矢高則夫)
・          健康は「はかる」ことから始めましょう! (龍口知子)
・          いつのまにか、スポーツジャーナリスト (折山淑美)
・          「言語」を駆使して多様な社会で生きていく (小澤純子)
・フレッシュトーク 神藤駿介松澤創一郎冨田開登
・写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
・55歳のつぷやき 高32回生10人のつぶやき
・            人との触れ合いを求めて (森本忠則)
・            55歳は自然体で、マッハで行く! (北原功雄)
・平成28年度在京同窓会報告
/  銀座NAGAN0から見えてきた地球活性化のヒント (熊谷晃)
/  会場写真
・今号の表紙作家 人間万事塞翁が馬、陶芸万事塞翁が馬 (樽沢泰文)
【あのころの夢】 立教大学18年ぶりリーグ優勝に思う (熊谷春一)
【まだまだ現役】 いつしか日本三百名山を目指すことに (桐生鉄男)
・           人形浄瑠脱に魅せられて (林一彦)
・インタピュー こりこりと38年一木の中の「仏さん」と向き合って (清水弘志)
文芸の広場 ◇短歌 岡村隆臣/奥村晃作/長沼節夫/草田照子
・         ◇俳句 稲垣隆俊/長沼末廣/古畑恒雄
・         ◇川柳 安原明/宮下恭一/下島明
・              みんなの川柳 (投稿作品より)
・【われら同志会】 「高松台」~首都圏高七会情報交歓便り~ (金田明夫)
・           どんどんつながる「川越の会」 (池田正明)
・同期会便り
・追悼『稲穂』題字の書家・高田墨山氏(高7回)、卒業回早見表、ホームページ案内ほか
・平成29年度在京同窓会のご案内、役員
・編集後記
・つぶやき (平田 達)

稲穂【第13号】2016/10/1刊


題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「Cityscape-1525」 北野敏美作
目次ページ
アングル 飯田人が守った石灯籠
『稲穂』第13号の発刊に当って 
同窓会 参加してこそ!(佐々木康夫)
随想 反骨の弁護士正木ひろしの素顔と魅力 (古畑恒雄)
随想 1964東京オリンピック 初の衛星中継の成功物語 (小塩立吉)
インタビュー 調香師として生涯現役
振り返れば香りまみれの人生 (茅原直人)
随想 第二の人生 画廊経営に挑戦 (山岸三樹)
随想 人形劇と付き合って40年 (松澤文子)
随想 甲子園を夢見て (田中正俊)
特別寄稿 海とマグロと同窓と 出会いの思い出 (上柳昭治)
写真で見るふるさと南信州 阿南町 下條村
随想 南信州を彩る伝統野菜 (久保田淳子)
平成27年度在京飯田高校同窓会講演から
口腔と健康 (石原和幸)
随想 私が帽子を作っている理由 (下平紀代子)
随想 ブータン訪問記 (櫻井 孝)
随想 放射線発がんの研究に携わって (小木曽洋一)
随想 「胡桃澤盛日記」について (胡桃澤克成)
随想 3.11 特急あずさ車内での被災体験 (小澤千穂子)
随想 下北沢に生きて、人と街をつなぐ (下平憲治
・フレッシュトーク 大越森平/小平泰子
今号の表紙画家 版に日常と生命の記憶をかさねる (北野敏美)
各期同期会のトピック・エピソード
平成28年度・在京飯田高校同窓会のご案内
編集後記

稲穂【第12号】2015/10/1刊

12_hyoushi題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
 <各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「過去の十字路」 林正彦作
目次ページ
・アングル 自彊社の碑、塀にあり
・『稲穂』第12号の発刊に当って 
      交流の機会増やしたい 観劇会など同好会の起ち上げを(西村清一)
・随想 野の鳥と友達に (土岐等)
・『稲穂』対談 地域医療を考える (千葉恭、吉川治)
・随想 今あらためて公民館を考える (松下拡)
・随想 新野の雪まつり「神婆」に使われている爺の衣装の復元に取り組んで (川上恒夫)
・随想 ラグビーに青春燃ゆる (江添繁和)
・平成26年度在京飯田高校同窓会講演から
      現場で体験した福島第一原子力発電所事故 (吉澤厚文)
・平成27年度・在京飯田高校同窓会のご案内
・随想 島民を救った軍人、松澤豊 (松澤卓治)
・写真で見るふるさと南信州 高森町/阿智村
・随想 農enjoy!キッチンーお台場に (市澤美季)
・歴史発掘 長野県飯田中学校落成記念絵はがき
・随想 夢の途中!2020 東京オリンピックで金メダル (園原健弘)
・イベント報告 在京飯田高校囲碁の会/歩こう会、東京の飯田
・随想 ”日本一のロマン”を求めたチームづくりの原点 (丸山克俊)
・随想 古美術の世界へ (上野千冬)
・随想 『山をゆく歌』と著者、宮下正美 (山田博章)
・フレッシュトーク 辻村夏奈子/中村瑞枝
・今号の表紙画家 過去と現在が交差する十字路 (林正彦)
・各期同期会のトピック・エピソード
・『稲穂』バックナンバーのご案内
・編集後記