「稲穂」への感想・意見をお寄せください

注目

機関紙「稲穂」は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、ホームページ「機関紙 稲穂(TOSUI)」からも全文をお読みいただけます。
記事内容・執筆者・広告などに関して感想、意見、要望等お寄せ下さい。 今後の編集に皆様の声を反映させていきたいと考えています。 ご協力をよろしくお願いいたします。
松原秀幸(担当副会長) 連絡先はこちら
編集委員は、こちら
編集委員会活動記録は、こちら

『稲穂』第14号 2017/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁 酒井崇氏(高49)
表紙 「OKINAWA」 樽沢泰文氏(高24)

目次ページ
・Angle(アングル) 再訪わたしたちの「聖地」永昌院 (牧内雪彦)
・『稲穂』第14号の発刊にあたって あらためて『稲穂』について (佐々木康夫)
・【わたしの人生】 ポジティプに動けば道が開ける (唐澤佳長)
・【いま第一線】 歴史を証言するジャーナリストとして (矢高則夫)
・          健康は「はかる」ことから始めましょう! (龍口知子)
・          いつのまにか、スポーツジャーナリスト (折山淑美)
・          「言語」を駆使して多様な社会で生きていく (小澤純子)
・フレッシュトーク 神藤駿介松澤創一郎冨田開登
・写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
・55歳のつぷやき 高32回生10人のつぶやき
・            人との触れ合いを求めて (森本忠則)
・            55歳は自然体で、マッハで行く! (北原功雄)
・平成28年度在京同窓会報告
/  銀座NAGAN0から見えてきた地球活性化のヒント (熊谷晃ー)
/  会場写真
・今号の表紙作家 人間万事塞翁が馬、陶芸万事塞翁が馬 (樽沢泰文)
【あのころの夢】 立教大学18年ぶりリーグ優勝に思う (熊谷春一)
【まだまだ現役】 いつしか日本三百名山を目指すことに (桐生鉄男)
・           人形浄瑠脱に魅せられて (林一彦)
・インタピュー こりこりと38年一木の中の「仏さん」と向き合って (清水弘志)
文芸の広場 ◇短歌 岡村隆臣/奥村晃作/長沼節夫/草田照子
・         ◇俳句 稲垣隆俊/長沼末廣/古畑恒雄
・         ◇川柳 安原明/宮下恭一/下島明
・              みんなの川柳 (投稿作品より)
・【われら同志会】 「高松台」~首都圏高七会情報交歓便り~ (金田明夫)
・           どんどんつながる「川越の会」 (池田正明)
・同期会便り
・追悼『稲穂』題字の書家・高田墨山氏(高7回)、卒業回早見表、ホームページ案内ほか
・平成29年度在京同窓会のご案内、役員
・編集後記
・つぶやき (平田 達)

稲穂【第十三号】2016/10/1刊


題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「Cityscape-1525」 北野敏美作
目次ページ
アングル 飯田人が守った石灯籠
『稲穂』第13号の発刊に当って 
同窓会 参加してこそ!(佐々木康夫)
随想 反骨の弁護士正木ひろしの素顔と魅力 (古畑恒雄)
随想 1964東京オリンピック 初の衛星中継の成功物語 (小塩立吉)
インタビュー 調香師として生涯現役
振り返れば香りまみれの人生 (茅原直人)
随想 第二の人生 画廊経営に挑戦 (山岸三樹)
随想 人形劇と付き合って40年 (松澤文子)
随想 甲子園を夢見て (田中正俊)
特別寄稿 海とマグロと同窓と 出会いの思い出 (上柳昭治)
写真で見るふるさと南信州 阿南町 下條村
随想 南信州を彩る伝統野菜 (久保田淳子)
平成27年度在京飯田高校同窓会講演から
口腔と健康 (石原和幸)
随想 私が帽子を作っている理由 (下平紀代子)
随想 ブータン訪問記 (櫻井 孝)
随想 放射線発がんの研究に携わって (小木曽洋一)
随想 「胡桃澤盛日記」について (胡桃澤克成)
随想 3.11 特急あずさ車内での被災体験 (小澤千穂子)
随想 下北沢に生きて、人と街をつなぐ (下平憲治
・フレッシュトーク 大越森平/小平泰子
今号の表紙画家 版に日常と生命の記憶をかさねる (北野敏美)
各期同期会のトピック・エピソード
平成28年度・在京飯田高校同窓会のご案内
編集後記

稲穂【第十二号】2015/10/1刊

12_hyoushi題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
 <各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「過去の十字路」 林正彦作
目次ページ
・アングル 自彊社の碑、塀にあり
・『稲穂』第12号の発刊に当って 
      交流の機会増やしたい 観劇会など同好会の起ち上げを(西村清一)
・随想 野の鳥と友達に (土岐等)
・『稲穂』対談 地域医療を考える (千葉恭、吉川治)
・随想 今あらためて公民館を考える (松下拡)
・随想 新野の雪まつり「神婆」に使われている爺の衣装の復元に取り組んで (川上恒夫)
・随想 ラグビーに青春燃ゆる (江添繁和)
・平成26年度在京飯田高校同窓会講演から
      現場で体験した福島第一原子力発電所事故 (吉澤厚文)
・平成27年度・在京飯田高校同窓会のご案内
・随想 島民を救った軍人、松澤豊 (松澤卓治)
・写真で見るふるさと南信州 高森町/阿智村
・随想 農enjoy!キッチンーお台場に (市澤美季)
・歴史発掘 長野県飯田中学校落成記念絵はがき
・随想 夢の途中!2020 東京オリンピックで金メダル (園原健弘)
・イベント報告 在京飯田高校囲碁の会/歩こう会、東京の飯田
・随想 ”日本一のロマン”を求めたチームづくりの原点 (丸山克俊)
・随想 古美術の世界へ (上野千冬)
・随想 『山をゆく歌』と著者、宮下正美 (山田博章)
・フレッシュトーク 辻村夏奈子/中村瑞枝
・今号の表紙画家 過去と現在が交差する十字路 (林正彦)
・各期同期会のトピック・エピソード
・『稲穂』バックナンバーのご案内
・編集後記

稲穂【第十一号】2014/10/1刊

稲穂_表紙2014年 題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
 <各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「卓上静物」F100 1988年 富山県高岡美術館所蔵品 山岸忠彦作
目次ページ
・アングル 夢をみる「赤石」墓碑
『稲穂』第11号の発刊に当って ……有効な「一年生の進路研修旅行」(西村清一)
随想 帽子づくり一筋に (市瀬文雄)
随想 琉球文化(琉歌・琉舞)の魅力 (中平三千彦)
随想 大江磯吉の胸像建立 (吉澤香代子)
随想 アカシヤの大連の思い出 (櫻井勝司)
随想 「六十の手習い」でバイオリン制作に励む (宮嶋耕治)
随想 小さな旅行会社の”生き方”論 (原 優二) 
写真で見るふるさと南信州 飯田市遠山郷/飯田市上郷
平成25年度在京飯田高校同窓会講演から
      遺伝子の働きを知って病気を防ぐ (池田正明)
『稲穂』インタビュー/ピアニスト・日下部かおりさんに聞く
   シュターミッツ四重相談との共演は奇跡のような時間
フレッシュトーク 尾太優斗/森本万葉
随想 船乗り人生、紙一重の差を想う (木下昭明)
随想 長野県の山奥から深海調査に至るまで (野牧秀隆)
随想 林俊との出会いと著作 (井原 修)
イベント 超豪華版!秋の散歩「菱田春草展」 (牧内雪彦)
各期同期会のトピック・エピソード 
今号の表紙画家 「卓上静物」を描く想い (山岸忠彦)
編集後記
平成26年度在京飯田高校同窓会のご案内

稲穂【第十号】2013/10/1刊

稲穂_表紙2013年題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:左「遊・時かおる」、中「萌・綾の里」、右「飾・その八」 佐々木敏彦作
目次ページ
アングル ここに青々寮在りき
『稲穂』第10号の発刊に当って (西村清一)
随想 日本人と漢字 (林 史典)
随想 山岳班OB、ヒマラヤへ (北条節雄)
随想 坂井周平(中43回)という人物 八十歳からの親交と最後の書簡 (稲垣隆俊)
特別寄稿 カイコを探し求めデカン高原からシルクロードを西へ (中田 徹)
随想 明治の豪商 ”天下の糸平” 横浜につながる不思議な糸 (牧内良平)
随想 世界市場を制覇した中学時代の幾何学 (後藤 正)
随想 晩秋に燃えろベニマンサク (小澤 尚)
写真で見るふるさと南信州 喬木村/平谷村
『稲穂』インタビュー/建築家・北川原温さんに聞く
   建築や都市は人に夢と希望を与えるものでありたい
リレー随想 鳩少年よ、帰還せよ (明神恵里)
随想 きき酒と句会のコラボレーション (加藤篤士)
報告 小さな村の大きな挑戦 (伊藤真平)
フレッシュトーク 長坂明子ほか
平成24年度在京飯田高校同窓会講演から
    世界に発信する飯田のまちづくり (桑原利彦/酒井邦雄)
随想 『地蔵になった男』の映像を観て (大原 直)
・在京飯田高校同窓会のご案内
随想 六十年の歩みを振り返って (小椋貞夫)
各期同期会の活動状況
今号の表紙画家
編集後記

稲穂【第九号】2012/10/1刊

稲穂_表紙2012年
題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
 表紙:「私たちの作品を見てくださいー飯田市美術博物館にて2007」前沢知子(高43)
目次ページ
・アングル 「グス」、憧れのメッチェン
・『稲穂』第9号の発刊に当って (西村清一)
・巻頭特集:座談会 女子少数の高校時代、学んだことは「男の子なんて怖くない」
・随想随想 俳句と仮装行列と (林 璋)
・在京飯田高校同窓会のご案内
・随想 社会科学研究班(社研)創設の頃 (岡村隆臣)
・随想 悲願の「満蒙開拓平和祈念」建設 (河原 進)
・随想 野球は人生の教科書だった (加藤 哲) ・随想 トキに思いを (西成典子)
・随想 ダイバーシティ(多様性)の種を蒔く (豊田朋子)
・随想 メタボ健診と健康相談 (安田澄子)
・随想 本との出会いをここちよく (種村由美子)
・随想 あまり報道されない韓国の断片 (小林爽子)
・写真で見るふるさと南信州 中川村/売木村
・平成23年度飯田高校同窓会講演から ふるさとは、近くで聞いて、語るもの
・随想 合唱団「カネト」東京公演を終えて (丸山百合)
・随想 地域と子育てと美術の可能性 (前沢知子) ・随想 恒星・超新星の話 (藤井紫麻見) ・クラブ活動OB会より 図書委員会報告 (北原 幸)
・フレッシュトーク 平栗響子/矢野寛貴
・追悼 『花は咲き、花は散った』から 林京平先輩を憶う
・各期同期会の活動状況
・「飯田ゆかりの地を歩こう会」ー東京の飯田を歩くー
・編集後記

稲穂【第八号】2011.10.1刊

稲穂_表紙2011年題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「妄想狂娘」酒井 崇(高49回)
目次ページアングル 太宰春台ここに眠る
『稲穂』第8号の発刊に当たって (小椋貞夫)
随想 奇跡の授業・授業の奇跡 (冨永明夫)
随想 更生保護に生きる (古畑恒男)
この人:平澤信夫さん
随想 モンゴルの教育に出合って (井上望太郎)
随想 「書の道」は果てしなく (高田墨山)
随想 「鎮國之山」の碑をめぐる書縁・人縁 (武藤高義)
平成22年度飯田高校同窓会講演要旨 今、テレビに必用なもの、それはニーズ(NEEDS)ではなくシーズ(SEEDS) (小椋久雄)
随想 民家で民泊は、いかが? (麦島 工)
在京飯田高校同窓会のご案内・ホームページの拡充
足跡点描 ナノフォトニクスへの挑戦 (村下 達)
写真で見るふるさと南信州 阿智村/大鹿村
イベント 第1回「飯田藩ゆかりの地を歩こう会」開催
随想 大正琴の普及と継承を目指して (北林 豊)
随想 堀本崇くんのこと (松本聖樹)
リレー随想 「今どき結核?」と思っていませんか? (西岡美由紀)
クラブ活動OB会より 放送委員会報告 (飯島誠一)
随想 マージャンのプロとして (高見沢治幸)
フレッシュトーク 上柳和貴/片桐 梢
提言 私と小水力発電 (平田 達)
レポート 自然エネルギー&山村の活性化 (金田明夫)
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第七号】2010.10.1刊

稲穂_表紙2010年題字:高田墨山氏(高7)
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「声が聞きたい」南島隆氏(高28回)
目次ページ
アングル 「自炊団『尚志社』の跡
在京飯田高校同窓会会長 就任に当たって (小椋貞夫)
巻頭特集 都会と南信州を結ぶネットワークで 新しい地域文化を創る (福澤郁文)
特別寄稿 逍遥と黙阿弥と河竹繁俊 (林恭平)
随想 六人の会 (上野博子)
在京飯田高校同窓会のご案内・ホームページの拡充
随想 飯田線よもやま話 (久保田實)
リレー随想 7 女性の自立と反戦の五十年–テレビの現場から (坂元良江)
平成21年度在京飯田高校同窓会講演要旨
先端医療の開発と地域医療への貢献の両立を目指して (池田秀一)

随想  信州の山里にバイオエタノールの研究所を作った (小池惇平)
随想  昆虫は大切な蛋白源 (村澤彰彦)
フレッシュトーク  (網野大介/原愛実)随想  農業農村問題一考 (吉川駿)
写真で見る ふるさと南信州の交流事業 豊丘村/松川町/泰阜村
随想  環境モデル都市・飯田 (小林敏昭)
随想  都市と農村が共生できるネットワーク社会を創る (曽根原久司)
随想  越谷市の協働まちづくりに繋げる市民活動に関わって (松原千廣)
『稲穂』への協賛金/投稿
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第六号】2009.10.1刊

稲穂_表紙2009年 題字:高田墨山氏(高7)  
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:上村朱里氏(高52回)  
目次ページ
アングル 「我が母校、ここに始まる」
『稲穂』第6号の発刊に当たって 「伊那谷の三四郎」六十年の月日 (岡村隆臣)
巻頭特集/座談会 同窓会はメディアである
特別寄稿 大空を翔け巡った35年 (中島武)
随想 伊那山脈の最高峰・鬼面山に登る(下) (本多勝一)
『稲穂』インタビュー6/萩本博幸同窓会会長に聞く– 故郷飯田に、熱い思いを寄せて—–
随想 <物を詠み込む歌>と<気付きの歌> (奥村晃作)
随想 「青き心」で、地域に生きる (三宅稜威夫)
足跡点描 食事と運動、ストレス解消 (林泰)
随想 「犬も歩けば棒に当たる」方式で・・・ (山田拓)
飯田・下伊那の昆虫や動物たち (撮影・山田拓)
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃 6
リレー随想 6 桑の木とコタツ (宮内邦子)
平成20年度在京飯田高校同窓会講演要旨
  変わりゆく故郷~下伊那の今日そして明日 (平澤和人)

随想  ラオスで見た昔の南信州のおもかげ (小林天心)
随想  中学卒業記念のサイクリング (高田富美子)
随想  番組プロデューサーという仕事 (中村百合子)
フレッシュトーク  (井坪香織/久保田潤)
随想  ムーミン鬼とミイの尻尾 (松村一登)
随想  この改革に、”参戦”を! (代田昭久)
随想  二つの祖国を生きる (大橋春美)
お知らせとお願い/『稲穂』バックナンバーのご希望の方へ
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第五号】2008.10.1刊

稲穂_表紙2008年題字:高田墨山氏(高7)  
<各全文表示は、「Ctrl」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:熊谷元一氏(中28回)  
目次ページ
アングル 「飯田中学、ここにありき」
『稲穂』第5号の発刊に当たって 飯田を国際文化環境都市に (岡村隆臣)
特別寄稿 今まで語らなかった一公務員の秘話 (森谷要)
特別寄稿 私のお宝写真、そしてカメラ (関島博実)
随想 伊那山脈の最高峰・鬼面山に登る(上) (本多勝一)
随想 「演劇」と私 走り続けた「あの日たち」 (福沢富夫)
随想 歌のいだくもの (草田照子)
『稲穂』インタビュー5/下島正夫さんに聞く– 人との出会いが、また新たな出会いを生んで—-
リレー随想 5 山のあなたの空遠く (松下たえ子)
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃 5  戦没画学生 市瀬文夫の”短き青春” 
随想 飯田が生んだ日本近代化の「花神」田中芳男 (西尾敏彦)
足跡点描 宇宙のこと、いろいろ (小池惇平)
平成19年度在京飯田高校同窓会講演要旨  日本酒の復権 南信州からの挑戦 (五十君親彦)
随想  天竜川の鮎釣り (嵯峨座晴夫)
『稲穂』レポート  リニア中央新幹線の夢  (安原明)
フレッシュトーク  (北原亜衣子/村松暁)
随想  「七三の手習い」で詩吟を (小島麗逸)随想  法隆寺金堂の壁画模写に携わって (滝沢具幸)
随想  最初に喰らったアッパーカット (具瀬友子)
今号の表紙画家 白寿で童画を描く 熊谷元一さん
お知らせとお願い/『稲穂』バックナンバーのご案内
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第四号】2007.10.1刊

稲穂_表紙2007年 題字:高田墨山氏(高7)  
表紙「鍍金工の鍜究」:宮島弘道氏(高40)
目次ページ
アングル 「飯田大学」創設の夢
『稲穂』第4号の発刊に当たって 提言–飯伊地域に四年生大学の創設を (岡村隆臣)
特別寄稿 私の歩んできた道(続) (中平健吉)
特別寄稿 母校の巨木、巨樹と語る (牧内雪彦)
随想 言葉の、むつかしさ、おもしろさ (秋庭道博)
随想 ここにもまた、地球市民が・・・ (中澤まゆみ)
『稲穂』インタビュー4/原広司さんに聞く– 日本の文化は《谷の文化》
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃 4
特別寄稿 「一滴の生」を慈しむ (田中秀憲)
足跡点描 これからも続く、風と霧へのチャレンジ (吉川友章)
リレー随想 4 飯田線–私の原風景 (林増美)
平成18年度在京飯田高校同窓会講演要旨  富山湾の神秘 蜃気楼の不思議に迫る (市瀬和義)
随想  いつの日にか帰らん (後藤力)
・ふるさと遠望    
    動き出さなければ・・・ (伊藤京子)
    ふるさとに感謝! (神庭瑠美子)
『稲穂』レポート  あなたの街にも同窓生今号の表紙画家/宮島弘道さん
お知らせとお願い/『稲穂』バックナンバーのご案内
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第三号】2006.10.1刊

稲穂_表紙2006年 題字:高田墨山氏(高7)
表紙「花映」:平岩洋彦氏(高14)
目次ページ
アングル 「河竹繁俊先生胸像」
『稲穂』第3号の発刊に当たって 時代の変化に対応した同窓会の運営を (岡村隆臣)
特別寄稿 私の歩んできた道(上)(中平健吉)
特別寄稿 信濃育英会と信濃学寮 (椎名鐵次郎)
随想 学生寮信陽舎の100年 (平澤正通)
随想 心のうちに秘める強さー藤沢周平の世界 (金田明夫)
『稲穂』インタビュー3/平田達さんに聞く– 私を育ててくれた母の背中
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃 3随想 天国でも、永遠に一緒 (岡瑞穂)
リレー随想 3 元気で変な老人に、私はなりたい (黒柳文子)
随想 ふるさと飯田にUターンしました (三浦方也)
足跡点描 世界を震撼させる動物由来感染症とは (吉川泰弘)
随想 後藤総一郎の生涯と思想 (平沢信夫)
お知らせとお願い/同窓会・総会のご案内
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【第二号】2005.10.1刊

稲穂_表紙2005年題字:高田墨山氏(高7)   
表紙「ジャイプールの姫君」:永井郁氏(中47)  
目次
アングル 「希望」像
『稲穂』第2号の発刊に当たって 同窓会の明日のために (平田達)
特別寄稿 学び、歩いた道 (小坂樹徳)
特別寄稿 郎党事件の弁護に五十年 (久保田昭夫)
随想 道祖心との出会いとその考察 (江添繁和)
随想 人生の出会い (吉川治)
今号の表紙画家・永井郁くん JALの鶴マーク、誕生余聞
『稲穂』インタビュー2/熊谷元一さんに聞く 長生きの秘訣は、くよくよしないこと
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃2
随想 「飯田やまびこマーチ」においでなんしょ! (亀井繁男)
足跡点描 1995年兵庫県南部地震から十年 (石田瑞穂)
リレー随想2 負けず嫌いの競歩大会 (宮淑子)
平成16年度在京飯田高校同窓会講演要旨 飯田弁の語源を尋ねて・・・・・(井坪幸一)
BOOK TALK 『本多勝一はこんなものを食べてきた』
お知らせとお願い/同窓会・総会のご案内
各期同期会の活動状況
編集後記

稲穂【創刊号】2004.10.1刊

稲穂_表紙2004年題字:高田墨山氏(高7)  
表紙「北の森」:滝沢具幸氏(高12)  
目次
アングル 「母校の歴史を見続けた100歳のピアノ」
『稲穂』発刊に当たって 感動を語ろう、時代の心を伝えよう (平田達)
草創期の歩み 半世紀の歴史をふり返って (小椋貞夫)
在京同窓会の現況と総会のご案内
『稲穂』の由来 枯れ木も山の色添えに (牧内雪彦)
思い出の飯田中学時代 山は青き (林京平)
飯田高松高校スタートのころ 断想の往時 (今川雅晴)
特別寄稿 日東団あり記 (沼尾菊夫)
写真で見る飯田中学・飯田高校のあの頃
『稲穂』インタビュー/坂巻道弘学校長に聞く–先生方が燃える、生徒たちが燃える
足跡点描 ニホンオオカミこぼればなし (長谷川善和)
平成15年度在京飯田高校同窓会記念公演 NGO=国際協力活動とボランティア、そして教育 (福澤郁文)
リレー随想1 我が青春の共学記 (近藤総子)
各期同期会の活動状況(INFORMATION)
編集後記