機関紙『稲穂』バックナンバー

注目

機関紙『稲穂は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、こちらからも各号の全文をお読みいただけます。


第16号(2019) 第15号(2018) 第14号(2017) 第13号(2016)
第12号(2015) 第11号(2014) 第10号(2013) 第  9号(2012)
第  8号(2011) 第  7号(2010) 第  6号(2009) 第  5号(2008)
第  4号(2007) 第  3号(2006) 第  2号(2005) 創刊号(2004)

『稲穂』第16号 2019/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙 北河原温氏(高22回)「ミラノ国際博覧会日本館外観」(2015年)
※『稲穂(とうすい)』とは…
昭和16~18年に飯田中学で刊行されていた格調高い『稲穂学報』に因む

目次ページ
Angle 忘れられた昔を語る「学而池」の碑、ここに(牧内雪彦、中47・高1回)

『稲穂』第16号の発刊にあたって ますます意義ある『稲穂』を期して(佐々木康夫、高15回)
【わたしの人生】 クラリネットを杖に生涯音楽修行 (小笠原長孝、中46回)
【いま第一線】 運命に導かれてアナトリアの地に (松村公仁、高29回)
        希求、探求、生命研究! (伊藤道彦、高32回)
        学生に希望を、社会に光を (福島直樹、高37回)
        おもしろおかしく生きた先に (小平菜摘、高61回)
・フレッシュトーク 玉置楓市瀬裕貴神庭真実子(以上、高70回)
写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
55歳のつぷやき 高34回生10人から
        ラジオと英語と私 (柳瀬宏司、高34回)
        働き方は変わった 昭和・平成・令和 (香山真、高34回)
・平成30年度在京飯田高校同窓会・総会報告  /《同窓会・総会報告・写真》
/ 《講演》ラグビー班 花園への道 ラグビーだけで終わらない (湯澤一道、高33回)
/ 《対談》ラグビーを通して伝えたいこと (湯澤一道、高33回)☓ 児玉沙葵(高69回)
/ 《卒業回別記念写真》
・今号の表紙作家 出発点は理由のない理不尽さ (北河原温、高22回)
・【つながるふるさと】 りんご並木が原宿に出現! (上沼琢仁、高32回)
・対談 同級生コンビでファッション業界に旋風 「時代が後から追いつてきた」
村松孝尚(高23回)☓亀山功(高23回)
・【まだまだ現役】 苗字をたどる旅と思い出 (木下忠美、高9回)
・         世界放浪ひとり旅~野垂れ死んで本望~ (瀬川英二、高16回)
・【われら同志会】 究極の同志会~すばらしき囲碁サロン~ (北林巌、高17回)
・文芸の広場 ◇短歌 奥村晃作(高7回)/田中仁(高10回)/長沼節夫(高13回)/草田照子(高15回)
・     ◇俳句 冨永明夫(高2回)/古畑恒雄(高3回)/林 璋(高5回)
・     ◇川柳 原 敏夫(高9回)/萩元久志(高17回)/宮下恭一(高18回)
・         みんなの川柳 (投稿作品より)
・     ◇文芸の広場に寄せて+募集要項
・令和元年度長野県飯田高校定期総会報告(高23回幹事)
・同期会便り
・在京飯田高校同窓会役員/卒業回早見表
・令和元年在京飯田高校同窓会・総会のご案内
・『稲穂』協賛金報告/サポーター募集
・在京飯田高校同窓会 無料相談室
・在京飯田高校同窓会 HP案内/同志会案内
・編集後記/編集委員
・同窓生の広告(members clip board)
・つぶやき 感謝 (平田 達)

『稲穂』第15号 2018/10/1刊


題字 故高田墨山氏(高7)
装丁設計 酒井崇氏(高49)
表紙 「ムーンライブラリー(月の図書館)」木下良輔(高32)

目次ページ
・Angle(アングル) 井出茂太先生墓畔にて (牧内雪彦)
・『稲穂』第15号の発刊にあたって 同窓会における「社会貞献活動(佐々木康夫)
・【わたしの人生】 健康な寿命は音楽活動から (川越和代)
・【いま第一線】 新聞社運動部から見てきた大相撲とサッカー事情 (桜井章夫)
・        患者と医療者のための私のミッション (柳澤昭浩)
・        子育ての先に射してきた光~仏像制作に巡り合えて(滝澤浩子)
・フレッシュトーク 木村優也児玉沙葵矢澤知朗
・【まだ夢の途中】フレッシュトークのその先に (上柳和貴)
・写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
・55歳のつぷやき 高33回生10人のつぶやき
・        人生100年への心構え (代田秀雄)
・        どうにかなる!スローライフでいこう (竹村成彦)
・今号の表紙作家 ガラスが内包するエネルギーに魅せられて (木下良輔)
・平成29年度在京飯田高校同窓会・総会報告
/  《講演》市制80周年を迎えた飯田市のいま (牧野光朗)
/  《演奏会》夢のあとさき~音楽で呼び覚まされる時間 (木下岳文)
/  《幹事団後日談》32回生をつないできたもの、そしてこれから (西岡美由紀)
/  《総会、懇親会、卒業回別記念写真
・【ふるさとの思い出】 あの頃の思い出~蜂捕り物語 (原 俊夫)
・【郷友会の思い出】  魁龍団とは何だったのか (清水敏夫)
・ラグビー班花園出場記念
・   「W杯2019出場を目指す!」 (細田佳也×宮島裕之)
・   楕円球とともにあった頃 (藤本敏文)
・【まだまだ現役】 卒寿の記念に観世能楽堂で「雲林院」を舞う (内藤良太)
・         川柳と道連れ~還暦から古希への道~ (宮下恭一)
・         人との出会いで音楽畑を転がって (市岡純治)
・文芸の広場 ◇短歌 牧内雪彦/奥村晃作/佐々木康夫/脇坂英文
・      ◇俳句 小笠原啓峰林 璋大原 直
・      ◇川柳 原 敏夫/宮下恭一/下島 明
・          みんなの川柳 (投稿作品より)
・      ◇五行歌 下平紀代子
・同期会便り
・同窓会役員、卒業回早見表
・平成30年度在京同窓会のご案内、『稲穂』協賛金へのお礼
・活動内容のご紹介
・編集後記
・同窓生の広告(members clip board)
・つぶやき (平田 達)

『稲穂』第14号 2017/10/1刊

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁 酒井崇氏(高49)
表紙 「OKINAWA」 樽沢泰文氏(高24)

目次ページ
・Angle(アングル) 再訪わたしたちの「聖地」永昌院 (牧内雪彦)
・『稲穂』第14号の発刊にあたって あらためて『稲穂』について (佐々木康夫)
・【わたしの人生】 ポジティプに動けば道が開ける (唐澤佳長)
・【いま第一線】 歴史を証言するジャーナリストとして (矢高則夫)
・          健康は「はかる」ことから始めましょう! (龍口知子)
・          いつのまにか、スポーツジャーナリスト (折山淑美)
・          「言語」を駆使して多様な社会で生きていく (小澤純子)
・フレッシュトーク 神藤駿介松澤創一郎冨田開登
・写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
・55歳のつぷやき 高32回生10人のつぶやき
・            人との触れ合いを求めて (森本忠則)
・            55歳は自然体で、マッハで行く! (北原功雄)
・平成28年度在京同窓会報告
/  銀座NAGAN0から見えてきた地球活性化のヒント (熊谷晃)
/  会場写真
・今号の表紙作家 人間万事塞翁が馬、陶芸万事塞翁が馬 (樽沢泰文)
【あのころの夢】 立教大学18年ぶりリーグ優勝に思う (熊谷春一)
【まだまだ現役】 いつしか日本三百名山を目指すことに (桐生鉄男)
・           人形浄瑠脱に魅せられて (林一彦)
・インタピュー こりこりと38年一木の中の「仏さん」と向き合って (清水弘志)
文芸の広場 ◇短歌 岡村隆臣/奥村晃作/長沼節夫/草田照子
・         ◇俳句 稲垣隆俊/長沼末廣/古畑恒雄
・         ◇川柳 安原明/宮下恭一/下島明
・              みんなの川柳 (投稿作品より)
・【われら同志会】 「高松台」~首都圏高七会情報交歓便り~ (金田明夫)
・           どんどんつながる「川越の会」 (池田正明)
・同期会便り
・追悼『稲穂』題字の書家・高田墨山氏(高7回)、卒業回早見表、ホームページ案内ほか
・平成29年度在京同窓会のご案内、役員
・編集後記
・つぶやき (平田 達)