H28(2016)年総会記録

・期日 2016年11月12日(土)13:00~16:30 受付12:30より
・場所 アルカディア市ヶ谷 5階「穂高」
・タイムスケジュール
  第一部 総会 13:00~13:30
  第二部 講演会 13:30~14:30  講演内容と講師紹介
    講演テーマ  ~アンテナショップからブランド創造拠点へ~
          銀座NAGANOから見えてきた地域活性化のヒント
    講師 熊谷 晃氏(高31回) 長野県東京事務所 所長 (前銀座NAGANO所長)
  第三部 懇親会 14:45~16:30
・担当幹事 高31回、高41回

報告記は、こちら 大原事務局長(高21回)記
写真は、ごちら  担当幹事(高31回)撮影

2015 (H27)年総会記録

日 時 :2015年(平成27年)11月7日(土)13:00~16:30
会 場:アルカディア市ヶ谷(私学会館) 6階「霧島」
会 費:男性会員 8,000円、女性会員 6,000円
     ご夫婦同伴の方は、お二人で 12,000円
次 第:第1部 総会 (13:00~13:30)
     第2部 講演会 (13:30~14:30)
       講演テーマ:「口腔と健康」
       講師:東京歯科大学教授 石原和幸氏(高30回)
     第3部 懇親会 (14:45~16:30)
       アドラクション① 「ヤクルトの父 代田稔博士」の紹介
       アトラクション② 「まちの活性化・都市デザイン競技」入賞作公開
担当幹事:高30回、高40回

[報告記]
 11月7日(土)に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において191名の参加のもとに開催されました。今回は在京同窓会が設立されて62周年にあたり、学年幹事の30回生(森下健司幹事長)および40回生により企画・運営されました。 総会を成功させようと、森下幹事長を要とする幹事会が今年1月6日に発足され、精力的に企画・準備に取り組みました。その結果、当日は30回生と40回生の見事な連携と協力により、総会・懇親会が大盛況のうちに終了しました。

 第一部の総会では、西村清一会長(高7回)が体調不良のため欠席されたために、金田副会長が西村会長のあいさつ文を代読しました。今年1月に、飯田高校のキャリア教育が評価されて、文部科学大臣賞を受賞したこと等が紹介されました。続いて大原事務局長から事業報告、榊原会計担当幹事から会計報告がされた後、役員改選が行われました。
役員改選では、西村清一会長(高7回)、金田明夫副会長(高7回)および下井副会長(高13回)が退任され、新しく佐々木康夫会長(高15回、昇格)、田中健一郎副会長(高17回、昇格)、松原秀幸副会長(高19回、昇格)が選出されました。また新任の役員として、金田房雄さん(高22回)、池田正明さん(高28回)および我那覇(がなは)美千佳さん(高37回)の3人が選出されました。そして、今年の6月に選出された宮島八束飯田高校同窓会長(高15回)から来賓挨拶を戴き、同窓会の現況が紹介されました。

 第二部講演会は、石原和幸さん(東京歯科大学微生物学講座教授、高30回)が以下のテーマで講演されました。

講演テーマ:「口腔と健康」:講演内容と講師紹介
 口の中には700種を超える細菌が存在し、細菌の種類と数は環境や生活習慣によって変化します。歯に付着している菌種の変化は齲(う)蝕や歯周病につながります。  虫歯や歯周病は“感染症”であり、最近、う蝕、歯周病は他臓器にも影響を与えることが次第に明らかにされてきています。歯ブラシによってこれらの疾患が予防できます。
講演では、分かり易いイラストや音声を取り入れて、口腔細菌の人体への悪さや、う蝕、歯周病の口腔疾患を予防する方法について説明されましたが、その説明手法は斬新で分かり易く、多くの同窓生から好評を博しました。

 第三部懇親会は、先ず、新任の牧島晃飯田高校校長(高28回)からご挨拶を戴きました。次いで高9回の4名の方の喜寿のお祝いを行いました。そして、参加者最年長の平田達顧問(中47回)のご発声により全員で乾杯しました。
乾杯後は、故郷・飯田の活性化をテーマに開催された「まちの活性化・都市デザイン競技」において4位入賞した戸田建設の作品を同社勤務の成瀬功さん(高30回)が紹介しました。
引き続いて、1935年に飯田高校の大先輩である代田稔博士がヤクルトの製造販売を開始して80周年であることについて、ヤクルト本社に勤務している代田智さん(高40回)が、代田博士の足跡や故郷飯田との関わりを紹介しました。

会場では、喜久水の試飲会が行われ、人気の五平餅も出されました。また、地元飯田からは、“きのこや松下”による「はなびらたけ」の販売や“丸中中根園”のドレッシングとお茶の販売がなされました。

宴たけなわの頃、元応援団の峯垣明さん(高29回)、大久保武彦さん(高37回)の指揮により、参加者全員で応援歌、校歌を斉唱し会場は大いに盛り上がりました。そして、来年度幹事(高31回、高41回)への引継ぎの後、本島信副会長(高11)の中締めで、3時間半に及ぶ在京飯田高校同窓会総会は成功裏に終了しました。      (文責 大原 直事務局長)

[写 真]こちらから

 

2014 (H26)年総会記録

   日時:2014年11月8日(土)13:00~16:30
   場所:アルカディア市ヶ谷 5階「穂高」
   会費:男性 8,000円、女性 6,000円 (いずれも本年度維持会費1,000円を含む)
   講演会:
     『現場で体験した福島第一原子力発電所事故
          ~レジリエンス(弾性力)工学の観点から緊急時対応を考える~』
     講師:吉澤厚文(高29回)  <講演レジュメ
   担当幹事:高29回、高39回

 [報告記]
 11月8日(土)に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において192名の参加のもとに開催されました。今回は在京同窓会が設立されて61周年にあたり、「還暦」プラス1年目として、学年幹事の29回生(新井冨生幹事長)および39回生により企画・運営されました。 総会を成功させようと、新井幹事長を始めとする学年幹事は今年1月から企画・準備に精力的に取り組みました。その結果、29回生と39回生の見事な連携と協力により、総会・懇親会は大盛況のうちに終了しました。

  第一部の総会では、西村清一会長(高7回)からご挨拶があり、恒例になった飯田高校の1年生の進路研修旅行が、東京方面、中京方面、関西方面の計7つのコースに分かれて、企業見学や卒業生との懇談等を行いましたが、3年前に始めたこの研修制度が、進学に良い影響をもたらしていること等が紹介されました。大原事務局長から事業報告、榊原会計担当役員から会計報告がされた後、中島飯田高校同窓会長から同窓会の現況が紹介されました。

  第二部講演会は、吉澤厚文さん(原燃輸送㈱代表取締役社長、高29回)が以下のテーマで講演されましたが、本当に素晴らしいお話でした。
講演テーマ:「現場で体験した福島第一原子力発電所事故-レジリエンス(弾性力)工学の観点から緊急時対応を考える-」
 3.11の東日本大震災時に、福島第一原子力発電所のユニット所長(5,6号機)であった吉澤さんは、地震・津波後に発動された発電所の緊急時態勢の中で、事故の拡大を防止すべく現場で約10ヶ月寝泊りをしながら対応を行いました。現場は、次々と発電所が爆発し、放射線量も急激に高まる中、まるで戦場のような様相を呈していました。  吉澤さんは、福島原発の事故をレジリエンス(弾性力)という新しい観点で、事故はなぜ起きたのか、現場の作業員はどのような状況であったのか、について分かりやすく説明されました。  5、6号機の爆発を食い止めるため、建屋をまさに「死守」した内容は極めて迫力がありました。極限状態の中で、国民を守るには自分らがやるしかないと、吉田昌郎所長等とともに、半ば死を賭した悲壮な覚悟で事故に対処した関係者に頭が下がります。「大本営」に翻弄されることなく、「技術と使命感」を以て最前線に立ち向かった関係者に心から拍手喝采を贈りたいと思います。聴衆に多くの衝撃と感動を与えた素晴らしい講演でした。

  第三部懇親会は、先ず、高8回の7名の方の喜寿のお祝いを行いました。そして新任の西條(にしじょう)浩章飯田高校校長からご挨拶を戴き、参加者最年長の平田達顧問(中47回)のご発声により全員で乾杯しました。  アトラクションとして、現役高校生が作成した現在の飯田高校の様子を収録したDVDを上映しました。また喜久水の試飲会が行われ、人気の五平餅も出されました。参加者のそれぞれが互いに旧交を温めることができ、会場は大いに盛り上がりました。

 最後は、元応援団の中島光夫さん(高21回)、峯垣明さん(高29回)および草田敏彦さん(高39回)の指揮により、参加者全員で応援歌、校歌が斉唱し大いに盛り上がりました。そして、来年度幹事(高30回、高40回)への引継ぎの後、本島信副会長(高11)の中締めで、3時間半に及ぶ在京飯田高校同窓会総会は無事幕を閉じました。    (文責 大原 直事務局長)

[写 真]こちらから

2013(H25) 60周年記念総会

・日時 11月9日(土) 13:00~17:00
・場所 アルカディア市ヶ谷
・幹事:高28回、高38回 (幹事長:池田正明氏(高28))
・タイムスケジュール
  12:30 受付開始
  13:00~13:30 第一部 総会
  13:30~14:20 第二部 講演会
     .講師:池田正明氏(高28)  [講演会案内はこちら]
      演題:「時計遺伝子の働きを知って病気を防ぐーー時計遺伝子BMAL1の秘密」
  14:45~17:00 第三部 懇親会 アトラクション (下記等)
    ①鏡割り
   ② 演奏 (演奏者:吉澤恵氏(高38)、仲井勇司氏(高38)) → [演奏者プロフィール]
      前半(仲井)  日本の名作ポップスを1~2曲、選曲テーマは「郷愁」
          ユニット演奏(仲井、吉沢)   アメリカンポップスの名曲を1曲
      後半(吉沢)  ギターでの弾き語り2曲

[報告記]
 11月9日(土)に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において178名の参加のもとに開催されました。今回は在京同窓会が設立されて60周年記念にあたり、学年幹事の28回生(池田正明幹事長)および38回生により企画・運営されました。 “還暦”総会を成功させようと、池田幹事長を始めとする幹事学年は昨年から企画・準備に精力的に取り組みました。その結果、28回生と38回生の見事な連携と協力により、記念総会は盛況裡に終了しました。

 第一部総会では、西村清一会長(高7)と大原事務局長(高21)から、6月9日(日)にアルカディア市ヶ谷において、東京で初めて本部定期総会が開催され、幹事学年の高17回生(実行委員長;脇坂英文さん)が運営し、280人の参加のもとで成功裡に終了しましたが、在京飯田高校同窓会として全面協力したこと等が報告されました。 今年は役員改選が行われ、井伊健夫さん(高12)、岩崎廣和さん(高22)が退任され、松原秀幸さん(高19)、前澤義行さん(高25)が新任役員として承認されました

 第二部講演会は、池田正明さん(埼玉医科大学教授、高28)が講演されました。 演題:「時計遺伝子の働きを知って病気を防ぐ・・・・時計遺伝子BMAL1の秘密」 地球上の生物は太陽光と地球の自転によって作られる24時間周期の「概日リズム」により、体内時計が形成されているが、その体内時計は、「BMAL1(ビーマルワン)」という時計遺伝子により作られていることを池田教授が発見しました。この「概日リズム」により、仕事がはかどる時間帯もあれば特定の病気が発症しやすい時間帯があり、そのリズムを司るものが時計遺伝子のBMAL1であり、その時計遺伝子は前立腺がんや乳がんに関連しています。この遺伝子機能は加齢とともに衰えるが、規則的な生活リズムにより補うことができ、病気を防ぐために規則的な睡眠や食事が大切である等、大変興味深く身近でためになる話を述べられました。

 第三部懇親会は、先ず、在京同窓会の“還暦”を祝って、佐藤健飯田市副市長、下澤秀夫飯田高校校長及び4人の歴代会長の計6名により樽酒の鏡割りが行われ、平田達顧問(中47)のご発声により全員で乾杯しました。  アトラクションとして、吉澤恵さん(高38)、仲井勇司さん(高38)による、ギター演奏があり、 懇親会のムードを高めてくれました。また、高28 回生・38 回生が関わっている企業である、喜久水酒造(株)による試飲会、丸昌稲垣(株)と旭松食品(株)の試供品が提供されました。勿論人気の五平餅も出されました。参加者のそれぞれが旧交を温めるとともに、飯田・下伊那の美味を楽しむことができ、会場は大いに盛り上がりました。  最後は、元応援団の中島光夫さん(高21)、峯垣明さん(高29)および大久保武彦さん(高37)の指揮により、参加者全員で応援歌、校歌が斉唱し大いに盛り上がりました。そして、来年度幹事(高29回、高39回)への引継ぎの後、本島信副会長(高11)の三本締めで、4時間に及ぶ在京飯田高校同窓会総会は幕を閉じました。 (文責 大原直事務局長)

 下記は、幹事学年が総会の模様を撮影し、動画にまとめてくださいました。
写真は、こちらから

録音もあります。 [総会]

[講演会]

[懇親会_乾杯まで]

[懇親会_演奏]

2012(H24)総会記録

・日時:2012年11月10日(土)13:00~16:30
・場所:アルカディア市ヶ谷 6階「阿蘇の間」
・幹事:高27回、高37回の皆さん
・講演会: 『世界に発信する飯田のまちづくりーー飯田市における地域づくりの実践から』
   講師:桑原利彦氏(高27回)
   コーディネーター(兼講師) :酒井郁雄氏(高27回)
   司会・進行:大澤厚氏(高27回)
・懇親会
  アトラクション:飯田高校生現役のフォークグループによる演奏
・会費  男性 8,000円、 女性 6,000円、 
      同窓生同士のご夫婦 12,000円  (いづれも一人1,000円の年会費を含む)

【記録】
①司会をされた丸山百合さん(高37回)が、当日録音した音源を整理しまとめてくださいました。総会に参加された方も、欠席された方も総会の模様をお聴き下さい。 → こちらから
②写真撮影された幹事:大久保武彦さん、松井政就さん(高37回)が写真を整理しまとめてくださいました。
総会の殆どすべてが鮮やかに撮れていますので是非ご覧下さい。 → こちらから

<大原事務局長報告記>
11月10日(土)に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において138名の参加のもと開催されました。総会・懇親会は学年幹事の27回生(大島毅幹事長)および37回生により運営され、成功裡に終了しました。

第一部総会では、西村清一会長(高7回)から、在京飯田高校同窓会は60周年にあたり、来年11月の総会への参加を呼びかけました。また、来年の本部定期総会の東京開催が初めて実現し、来年6月9日(日)にアルカディア市ヶ谷において高17回生が幹事学年(実行委員長;脇坂英文さん)として定期総会を運営されますが、在京飯田高校同窓会として全面協力することが述べられました。

第二部講演会は、高27回生の桑原利彦さん(市民グループ IIDA WAVE ヘッドプロデューサー、ライブハウスCANVAS代表)と酒井郁雄さん(飯田市役所リニア推進対策室長)が、「世界に発信する飯田のまちづくり」 (~ 飯田市における地域づくりの実践から ~)をテーマにして講演されました。地域の活性化・発展のため、しくみづくりと人(特に若者)づくりの両面から”地域・まちづくり”を考え、「いいだ人形劇」の取組みなどの実践例が紹介されました。また、リニア新幹線飯田駅に関する地元の状況と課題等が紹介されました。

第三部懇親会では、飯田高校の現役女子高校生と桑原さんによるギター演奏がありました。今回はじめて現役高校生が在京飯田高校同窓会に参加して、3年生、2年生の計4人の女子高生が、アトラクションとしてギター演奏を数曲披露してくれました。フレッシュな現役高校生の登場は懇親会に花を添えてくれました。

司会は、第一部が大島毅さん(高27回)、第二部が大澤厚さん(高27回)、第三部が片桐郁子さん(高27回)、丸山百合さん(高37回)でした。女性が司会したことは二度目のことですが、4人の女子高校生の演奏とともに、懇親会の雰 囲気を華やいだものにしてくれました。

最は、元応援団の中島光夫さん(高21回)および大久保武彦さん(高37回)の指揮により、参加者全員で応援歌、校歌が斉唱し大いに盛り上がりました。そして本島信副会長の三本締めで、在京飯田高校同窓会総会は幕を閉じました。

【講演主旨】
本講演をとおして、飯田市(ふるさと)における「地域づくり」の最前線の様子および最新情報を共有する。その上で我々の知らなかった飯田を発見し、「今後どうしていくべきか」等の気づきの場ともしたい。

【講師紹介】
◇桑原利彦氏(高27回)
  ・市民グループ 『IIDA WAVE』 ヘッドプロデューサー
  ・飯田人形フェスタ実行委員会 パーク運営委員長
  ・りんご並木まちづくりネットワーク コーディネーター
  ・SBSラジオ”南信州ハートフルサタデー” パーソナリティー
  ・ライブハウス 『CANVAS』 代表

◇酒井郁雄氏(高27回)
  ・飯田市役所リニア推進対策室長 (本講演マネージャー)

2011 (H23)年総会記録

・2011年11月12日(土)13:00~16:30 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高26回、高36回
・講演およびパネルディスカッション 「ふるさとは、近くで聞いて、語るもの」 ~リニア時代を迎え、激動しはじめる故郷に東京からできることは?~
・懇親会 ・会費:男性8,000円、女性6,000円(含維持会費1,000円)
総会写真 <撮影:幹事の皆さん>
・アンケート集計
<大原直事務局長報告記>
  11月12日に在京飯田高校同窓会総会がアルカディア市ヶ谷において143名の参加のもと開催されました。今年の総会では役員改選があり、小椋貞夫会長(高5回)に代わって、西村清一さん(高7回)が新会長に選出されました。その他、金田明夫さん(高7回)の副会長、および大原の事務局長の新任が承認されました。 (詳細は「役員」欄をご覧下さい。)

  今年の総会・懇親会は26回生(篠田雄二幹事長)および36回生の学年幹事により遂行されましたが、今回は例年の記念講演に替えて、パネルディスカッション「ふるさとの今、これからの飯伊」が福澤計人さんの司会で行われました。 パネラーはいずれも飯田から参加してくれた26回生の小林敏昭さん(飯田市役所)、菅沼康臣さん(飯田信金)、中島貞男さん(中島医院)、小島康晴さん(県議)の4人でした。飯伊地区の現況と今後の課題について、興味深い話が披露され、聴衆を楽しませてくれました。1時間限りの討論でしたが、聴衆の評判もよく、今回の討論会の準備に十全を尽くした篠田幹事長をはじめとする学年幹事の皆様のご努力が報われました。

  第3部の懇親会では、下澤秀夫校長によるラグビー班の2年ぶり7回目の花園出場決定の報告があり、カンパ支援を訴えましたが、喝采を浴びました。また、乾杯と同時に4名の美女(「メリーゴーランド」の皆さん)による琴伝流大正琴(会長:北林豊さん(21回))が校歌など数曲を演奏し、懇親会に彩を添えました。 最後は、元応援団の中島光夫さん(高21回)および代田秀雄さん(高33回)の指揮により、飯田高校ラグビー班の花園出場を祝いつつ、参加者全員で応援歌、校歌が斉唱されました。そして本島信副会長の中締めの挨拶で、在京飯田高校同窓会総会は幕を閉じました。

  はからずも私が事務局長に就任することになりましたが、在京飯田高校同窓会の更なる発展のために、微力を尽くす所存ですので、皆様のご協力とご支援を賜れますよう宜しくお願い申し上げます。
(追伸) 参加された南信州新聞の長沼節夫さん(高13回)が、同窓会総会の模様について11/17付けの記事を掲載しましたので、ご参考にファイルを添付します。→ 南信州記事20111117

2011(H23)総会写真

(写真の上でクリックすると拡大写真が見られます。)

2011年同窓会のアンケート集計報告

総会幹事の皆さん(高26回、36回)が、当日のパネルディスカッションに関するアンケートを集計して下さいましたので、報告します。

【集計報告詳細】  アンケート結果 をご覧ください。

【幹事の皆さんからのメッセージ】
このアンケートはパネルディスカッションを行うに際し、出席者の「故郷との距離」を大雑把に掴むことで司会進行に役立てようとのことから始まりました。それに多少質問項目を増やして、当日出席いただいた同窓生が故郷にどの程度帰省しているかをはじめ、故郷への想い・受け止め方の一断面として面白い内容になったと思います。 パネルディスカッションでは、「故郷の豊かさ」がデータをもって紹介されました。こちらも後日掲載されると思いますので、御期待ください。(篠田裕二さん)
同窓会幹事を無事にやり遂げることが出来てうれしく思っています。 特にパネルディスカッションは関係のみなさんのご協力により計画通りにできてホットしています。 みなさんに協力していただいたアンケートはまとめがいがありました。 特に、Q6. 引退後は飯伊に住みたいですか?(2/2) の質問に対して、若い世代の方に”はい”の回答が多いのを心強く思いました。(林智之さん)

2010(H22)年総会記録

・2010年11月13日(土)13:00~16:30 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高25回、高35回
・講演内容 「映画・テレビ番組の制作~現場では今~」
 講師 小椋久雄氏(高25回、共同テビジョン第一制作部長)
講師・奏者プロフィールはこちら → 講師プロフィール_20101113.pdf
・懇親会アトラクション サックス演奏 吉川伸幸氏(高25回)
・会費:男性 8,000円、女性 6,000円(内同窓会費1,000円)
2010(H22)年度総会写真  <撮影:高25回 幹事の皆さん>

<大原直事務局次長報告記>
 平成22年度在京飯田高校同窓会・総会が11月13日 約200名の参加(うち10名が飯田から参加)のもとに盛大に開催されました。 参加された皆様、大変お疲れさまでした。また、年度幹事の高25回生と高35回生の皆さん大変ご苦労さまでした。見事な連携と協力により無事盛大に会は執り行われましたが、幹事の皆さんに感謝いたします。
 今年の年度幹事は、前澤幹事長(高25回)を中心に昨年末から企画し、度重なる検討により綿密な準備を整える一方、飯田在住者への呼びかけを含め同窓生に総会参加を積極的に呼びかけました。その結果、25回生と35回生を合わせ70名が参加し、全体でも約200人の参加者が集いました。

 第一部の総会では、小椋在京飯田高校同窓会長が同窓会の意義を説かれ、来賓の萩本博幸同窓会長からは同窓会の現況やリニアに関する話題を披露されました。

また、懇親会の来賓挨拶では、清水越郎飯田高校校長から、第21回全国高等学校総合文化祭で飯田高校の邦楽班が全国第2位になり、国立劇場で記念公演したことなど、飯田高校生徒の活躍等が紹介されました。

 今年の講演テーマは、マスコミ界で活躍する小椋久雄さん(高25回、共同テレビジョン第一制作部長)が、「映画・テレビ番組の制作~現場では今~」のテーマで講演して戴きました。視聴率が求められる中で、自分の好きなドラマ作りに力を入れてきた小椋さんのこれまでの生き様や、我々が知らないマスコミ界の裏事情など非常に興味深い話をしてくれました。

 また、懇親会では、吉川伸幸さん(高25回)のサックス演奏で会場のムードを盛り上げて戴きました。そして、初参加の人や飯田から参加された人を壇上で紹介するなど交流タイムを設けて盛り上がりを見せ、会場内は和気藹々の雰囲気に包まれました。最後には、中島光夫さん(21回)、松本聖樹さん(35回)のもと応援団長の指揮のもとで校歌・応援歌を合唱しボルテージは最高潮に達しました。そして、前澤幹事長から来年の年度幹事の26回生にファイルが引き継がれました。
 今回の総会は、昨年に引き続き土曜日の昼開催でしたが、今回の成功により、土曜昼開催のスタイルは定着していくものと思われます。土曜日開催の効果で、飯田からの参加も可能となりましたし、16時30分という早い時間での終了により、年配者も明るいうちに帰宅ができました。また多数の期では、同期会代わりの二次会を行うことができました。これらの効果は2年前に変更した土曜日開催の趣旨であり、狙い通りに効果が現れたものと思います。また、年度幹事が多数派ですが女性の参加が目立ち、土曜日開催は今後着実に定着していくものと期待されます。

 今年の年度幹事の頑張りにより、同窓会は成功を収めましたが、来年以降の参加者の増大を目指すためには、リピーターを増やすことが肝要です。そのためにはどうすればよいか方法や広報等について種々に今後検討していく必要があり、また魅力ある同窓会とは何かをより一層追求していく必要があると考えます。

 来年の開催は、平成23年11月12日(土)です。年度幹事は26回生、36回生です。来年の手帳にご記入ください。 年度幹事を務めたことを契機に同期会が発足しているケースは多々あります。久しぶりに会った同級生との旧交を温め、飯田高校の同窓生であることを実感しあって戴きたいと思います。そして、「在京飯田高校繋がり」で、諸先輩や後輩たちを知り仲良くしていって戴きたいと思います。

2009(H21)年総会記録

・2009年11月14日(土)13:00~16:30 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高24回、高34回
・講演内容:「先端医療の開発と地域医療への貢献の両立を目指して」
 講師:池田修一氏(高24回、信州大学医学部内科学第三講座教授)
・今回より、土曜日の午後明るい時間帯に設定
・会費:男性 8,000円、女性 6,000円(内同窓会費1,000円)
2009(H21)年度総会写真  <撮影:高24回 幹事の皆さん>

2008(H20)年総会記録

・2008年11月 14日(金)18:00~21:00 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高23回、高33回
・講演会内容 :「変わりゆく故郷~伊那谷の今日そして明日」
 講師:平澤和人氏(高23回、飯田市議会事務局長) 
 講演会詳細はこちら→ 講演会案内2008(pdf)
・アトラクション:応援団「たこ踊り」
・昨年に引き続き、会費を男性会員8,000円、女性会員6,000円(維持会費1,000円を含む)としました。
2008(H20)年度総会写真  <撮影:高23回、高33回 幹事の皆さん>

2007(H19)年総会記録

~~おいでなんしょ、飯田のお酒が出るんだに!!~~
・2007年11月9日(金)18:00~21:00 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高22回、高32回
・講演内容 :「日本酒の復権 あらたなる日本酒流通の創造~南信州からの挑戦~」              
 講師:五十君親彦氏(高22回)、「KURAの会」の皆さん
 講演会案内(pdf)
・懇親会アトラクション: 利き酒大会、 高12回のみなさんの混声合唱
・本年は、会費を男性会員8,000円、女性会員6,000円(維持会費1,000円を含む)としました。 ・総会を記念して、「飯田・下伊那の方言」改訂版を発行しました。
 (多くの反響を頂き、既に完売しました。)
2007(H19)年度総会写真  <撮影:高22回 幹事の皆さん等>

2006(H18)年総会記録

・2006年11月10日(金)18:00~21:00 アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高21回生、高31回生
・講演内容:「富山湾の神秘–蜃気楼の不思議に迫る–」
 講師 市瀬和義氏(高21回、富山大学人間発達科学部教授)
 講演内容・演者詳細はこちらをご覧ください。
  → 講演詳細 2006(H18)年度総会写真  <撮影:高21回 幹事の皆さん>

2005(H17)年総会記録

・2005年11月11日(金) アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高20回生、高30回生
・講演内容   
  (1)「旭松食品のめざすもの」 (高20回 赤羽源一郎氏)   
  (2)「田中県政誕生から小泉総理と郵政国会まで」 (高20回 吉田博美氏)
2005(H17)年度総会写真  <撮影:高20回 幹事の皆さん>

2004(H16)年総会記録

・2004年11月12日(金) アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高19回生、高29回生
・講演内容   
  (1)「飯田弁の語源を尋ねて」 (高19回 井坪幸一氏)   
  (2)尺八演奏「古典からジャズまで」 (高19回 北原康夫氏)
2004(H16)年度総会写真   <撮影:高19回 坂牧勉氏>

2003(H15)年総会記録

・2003年11月14日(金) アルカディア市ヶ谷にて
・幹事:高18回生、高28回生
・講演内容   
  (1)音楽「市田柿の歌」 –歌(高18回 佐々木昌氏)
  (2)「NGOの役割」 (高18回 福澤郁文氏)
・掲載写真をご提供ください。  連絡先:smitsu04@yahoo.co.jp