「同窓会ニュース」を開設します

注目

在京飯田高校同窓会会員の情報発信は、「いこいの広場」で行っていますが、広く飯田高校同窓生の情報発信の場として、「同窓会ニュース」を開設しました。主に、首都圏からの情報発信ですが、広く同窓生にお知らせしたい記事を掲載予定です。
投稿は担当者までお知らせください。HP部会で内容を審査(※)のうえ掲載します。 なお、掲載内容に関してのお問合わせは、掲載責任者までお願いします。
担当者:木村 稔(17回)
担当者:三ツ橋史緒子(22回)
掲載責任者:大原 直(21回)
(※)営利目的のもの、政治・宗教に関するもの、個人への中傷、公序良俗に反するもの等、在京飯田高校同窓会に相応しくないものは掲載できません。

「北野敏美版画展」のご案内

飯田市在住で創作活動を続ける北野敏美さん(高22回)が、個展を開催します。
新作ばかり20点ほど展示の予定です。

開催期日 2019年7月4日(木)~9日(火)11:00~18:00
初日4時30分より立食のレセプションを予定しています。
会場 ギャラリー国立(オーナーは、高17回髙橋朝子さん)
案内は、こちら
関連情報は、こちら

人形劇に関するオープンセミナーのご案内

法政大学の高柳先生より案内をいただきました。
法政大学国際文化学部では、伊那谷で実施するSJ国内研修と関連して、来月初に岡本芳一「百鬼どんどろ」に関する以下のイベントを開催します。
岡本芳一といえば、上伊那の飯島町にやって来てアトリエを構え、等身大の人形と踊る奇抜で前衛的な人形劇「百鬼どんどろ」を創始しました。
岡本芳一の命日に当たるこの日、生前の岡本に関する2本の映像を鑑賞し、その後、渡邊世紀監督から岡本の人物像や映画制作にまつわるお話などを伺います。
また、公益財団法人・現代人形劇センター執行理事 松澤文子さん(高22回)と監督との対談も予定しています。

日時:2019年7月6日(土) 14:30~17:30
場所:法政大学 市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー3階
0300マルチメディアスタジオ(市ヶ谷駅・飯田橋駅ともに徒歩約10分)
講師:映画監督 渡邊世紀
公益財団法人・現代人形劇センター執行理事 松澤文子さん(高22回)
内容:
(1) 映画『人形のいる風景-ドキュメント・オブ・百鬼どんどろ』
『VEIN-静脈』の上映
(2) 渡邊世紀監督と松澤文子さんによる対談

主催:法政大学国際文化学部 SJ委員会
備考:参加費無料、事前申込み不要
参照:http://www.hosei.ac.jp/kokusai/NEWS/topics/190524_01.html
チラシは、こちら

演劇集団円「アインシュタインの休日」のお知らせ

俳優・吉澤宙彦(おきひこ)さん(高46回)が出演する演劇についてご案内します。

会期:2019年6月14日(金)~23日(日)
会場:両国「シアターカイ」(墨田区両国2-10-14 両国シティコア1F)
交通:JR両国駅西口下車左へ徒歩3分 都営大江戸線両国駅A5出口から徒歩8分
料金:全席指定4,800円
「吉澤宙彦(おきひこ)さんの紹介」と申し込めば、当日4500円になります。
〇申し込み方法
①演劇集団 円(0422-29-8135)に電話予約する:「吉澤宙彦さんの紹介」と申し込む
→当日受付で4500円を支払う。
②吉澤宙彦さん(090-9660-2657)に直接電話予約する。
→当日受付で4500円を支払う。
③オンライン予約:チラシ参照