第14回「飯田ゆかりの地を歩こう会」開催案内

下記の通り、第14回歩こう会の開催をご案内します。

集合日時 2017年10月21日(土) 10:00
※10月14日が雨天のため、21日に変更になりました。再受付は、16日(月)まで行っています。
集合場所 JR山手線・目白駅改札口前広場
詳細案内、問い合わせ先等は、こちら
※まだ少し余裕がありますので、ご希望の方はご連絡下さい。
下見(8月26日)の写真(松原秀幸 高19回撮影)は、こちら

 

「同窓会ニュース」を開設します

注目

在京飯田高校同窓会会員の情報発信は、「いこいの広場」で行っていますが、広く飯田高校同窓生の情報発信の場として、「同窓会ニュース」を開設しました。主に、首都圏からの情報発信ですが、広く同窓生にお知らせしたい記事を掲載予定です。
投稿は担当者までお知らせください。HP部会で内容を審査(※)のうえ掲載します。 なお、掲載内容に関してのお問合わせは、掲載責任者までお願いします。
担当者:木村 稔(17回)
担当者:三ツ橋史緒子(22回)
掲載責任者:大原 直(21回)
(※)営利目的のもの、政治・宗教に関するもの、個人への中傷、公序良俗に反するもの等、在京飯田高校同窓会に相応しくないものは掲載できません。

「人間 宮沢芳重~その反俗の生涯~」の復刻記念イベントご案内

今年の5月1日に「人間 宮沢芳重~その反俗の生涯~」(下沢勝井/松下拡共著)の復刻版が発行されたことは、既にお知らせしていますのでご存知のことと思います。
この復刻版記念イベントとして、2017年松川町文化祭において共著者による記念講演会と、3つの映画の連続上映会が開催されることになりました。
松川町教育委員会 生涯学習課の望月貴生さん(「宮澤芳重の会」事務局)から情報を戴きましたのでお知らせします。
記念イベントのチラシは、こちら

■記念講演会 対談 【下沢勝井/松下拡】
〇日時:10月27日(金)18:00~20:00
〇会場:松川町中央公民館 「えみりあロビー」
※40年の時を超えて復刻された【人間 宮沢芳重】の著者二人による対談は極めて貴重です。是非お聞きください。

■連続上映会 「地蔵になった男」(35分)~「いま宮澤芳重」(35分)~「東京タワーは知っている【遠い道】」(35分)
〇日時:10月27日(金)~29日(日)(上映時間は別添チラシ参照)
〇会場:松川町中央公民館 「えみりあロビー」

「東京タワーは知っている【遠い道】」は昭和35年に大映テレビ映画制作、フジテレビが放映したもので、ブレイク前の田宮二郎が飯田高校教師となって主演しています。宮澤芳重がニコヨン生活で得た貴重なお金を飯田高校に寄付して戴いたお陰で、6インチ望遠鏡を擁する飯田高校天文台ができました。飯田高校教職員が校庭に並んで宮澤芳重さん(映画では天野さん)に感謝するシーンが出てきます。校門には懐かしい「飯田高松高校」の看板が出てきますし、下山駅も出てきます。ロケでは高13回生~高15回生が校庭に並んだそうです。初公開の映画ですのでどうぞご覧ください。

「稲穂」への感想・意見をお寄せください

注目

機関紙「稲穂」は、年1回10月1日に発行しています。 会員の方々には郵送していますが、ホームページ「機関紙 稲穂(TOSUI)」からも全文をお読みいただけます。
記事内容・執筆者・広告などに関して感想、意見、要望等お寄せ下さい。 今後の編集に皆様の声を反映させていきたいと考えています。 ご協力をよろしくお願いいたします。
松原秀幸(担当副会長) 連絡先はこちら
編集委員は、こちら
編集委員会活動記録は、こちら

『稲穂』第14号 2017/10/1刊

※全文は11月11日開催の在京飯田高校同窓会後に掲載予定です。
※本号をさらにお求めの方は、同窓会会場にて販売をしております。

題字 故高田墨山氏(高7)
装丁 酒井崇氏(高49)
表紙 「OKINAWA」 樽沢泰文氏(高24)

目次ページ
・Angle(アングル) 再訪わたしたちの「聖地」永昌院 (牧内雪彦)
・『稲穂』第14号の発刊にあたって あらためて『稲穂』について (佐々木康夫)
・【わたしの人生】 ポジティプに動けば道が開ける (唐澤佳長)
・【いま第一線】 歴史を証言するジャーナリストとして (矢高則夫)
・          健康は「はかる」ことから始めましょう! (龍口知子)
・          いつのまにか、スポーツジャーナリスト (折山淑美)
・          「言語」を駆使して多様な社会で生きていく (小澤純子)
・フレッシュトーク 神藤駿介/松澤創一郎/冨田開登
・写真特集 写真でたどる飯田高校のいま/むかし
・55歳のつぷやき 高32回生10人のつぶやき
・            人との触れ合いを求めて (森本忠則)
・            55歳は自然体で、マッハで行く! (北原功雄)
・平成28年度在京同窓会報告
/ 銀座NAGAN0から見えてきた地球活性化のヒント (熊谷晃ー)
/ 会場写真
・今号の表紙作家 人間万事塞翁が馬、陶芸万事塞翁が馬 (樽沢泰文)
・【あのころの夢】 立教大学18年ぶりリーグ優勝に思う (熊谷春一)
・【まだまだ現役】 いつしか日本三百名山を目指すことに (桐生鉄男)
・           人形浄瑠脱に魅せられて (林一彦)
・インタピュー こりこりと38年一木の中の「仏さん」と向き合って (清水弘志)
・文芸の広場 ◇短歌 岡村隆臣/奥村晃作/長沼節夫/草田照子
・         ◇俳句 稲垣隆俊/長沼末廣/古畑恒雄
・         ◇川柳 安原明/宮下恭一/下島明
・              みんなの川柳 (投稿作品より)
・【われら同志会】 「高松台」~首都圏高七会情報交歓便り~ (金田明夫)
・           どんどんつながる「川越の会」 (池田正明)
・同期会便り
・平成29年度在京同窓会のご案内
・編集後記

本年度 在京飯田高校同窓会総会 ご案内

多くの皆さまのご出席をお待ちしています。

日 時 2017年11月11日(土)13:00~16:30(受付開始 12:30)
会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)5階「穂高」
JR・地下鉄「市ヶ谷」駅 徒歩2分、電話 03-3261-9921(代)
会 費 6,000円(含 維持会費1,000円) ※値下げしました
次 第
第1部 総会  [13:00~134:30]
第2部 講演会&演奏会  [13:30~14:30]
◆講演会テーマ「市政80周年を迎えた飯田市のいま
~天皇皇后両陛下行幸啓、リニア中央新幹線~」
講師 牧野光朗氏(高32回 現飯田市長)
◆演奏会「夢のあとさき~郷愁を歌う」
歌 大原千奈美氏(高32回)・ピアノ 木下岳文氏(高32回)
第3部 懇親会  [14:45~16:30]
・案内文は、こちら
・演奏会&演奏会案内は、こちら
・物販品案内は、こちら
・展示案内は、こちら

在京飯田高校同窓会 維持会費納入のお願い

本同窓会の活動は、会員の皆様の「維持会費(1,000円/人,1年)で運営されています。
毎年11月第2土曜日に開催されます総会開催費用をはじめ、同窓会運営費、機関誌『稲穂』の発送費用、また「囲碁の会」や「飯田ゆかりの地を歩こう会」等の開催のご案内などの活動が、すべてこの維持会費をもって賄われております。
しかしながら、現状での納入率は良くありません(4200人中700人、およそ16.7%)。収支は毎年厳しい情況が続いております。今後も、活発な活動を計画し、本会を発展させてまいります。そのためにも、会員の皆さまのご理解、ご協力をお願い致します。

お願いと納入方法のご案内は、こちら
※「維持会費」は、飯田高校同窓会本部の維持会費とは別のものです。

在京飯田高校・囲碁の会

注目

首都圏に在住する飯田中学・飯田高校の囲碁同好者が集まる「在京飯田高校・囲碁の会」が2005年9月にスタートしました。今後定期的に大会を開き、懇親していきたいと考えています。 囲碁会をやっている同期会がありましたら、是非お知らせください。
◇金田明夫(高7)
住所 〒242-0014 大和市上和田1713
Tel & Fax 046-267-5916      e-mail addressはこちら

各大会については、下記’回数’をクリックしてご覧ください。
第25回  第24回  第23回  第22回
第21回  第20回  第19回  第18回  第17回  第16回  第15回
第14回  第13回  第12回  第11回  第10回  第 9回   第 8回
第 7回   第 6回  第 5回  第 4回   第 3回   第 2回   第 1回

第25回大会

「在京飯田高校囲碁の会」(平田 達会長)は、第25回囲碁大会を2017年9月9日(土曜日)に、東京・市ヶ谷の日本棋院3階対局室C室で開催した。参加者は21名だった。
平田 達会長は当日所要のため初めての欠席となり、代わって北原恒扶氏(高2期)から「歳をとっても外へ出ることが大切です。囲碁を楽しく打ち元気に歓談しましょう」と挨拶があった。
25回囲碁大会の参加者の内訳は、高校 2期 2名、高校 5期 2名、高校 6期1名、高校 7期 7名、高校 9期 2名、高校14期 1名、高校15期 3名、高校16期 1名、高校17期 1名、高校22期 1名。新規参加者は五十君亘弘さん(高5期)。飯田から参加されたのは佐々木浩平さん(高7期)。競技委員に北原恒扶(高2期)、戸谷義弘(高7期)を選定、競技に入った。
大会は、トランプ抽選により各人4戦を戦った。その結果――
優勝は、4戦全勝の塩澤夏雄(2期)2段。準優勝以下は3勝1敗の中から得点および卒業期により決定し、準優勝は原俊夫(9期)4段、3位佐々木浩平(7期)3段、4位林 勉(7期)3段、5位戸谷義弘(高7期)4段の順となった。
表彰式のプレゼンテーターは北原恒扶さん。各賞および飛び賞が贈られた。
来春 3月開催予定の26回大会に、お互い元気に参加することを期して散会した。開催予定日は、2018年3月10日(土曜日)。
その後は会場近くの居酒屋に移り、有志による反省懇親会が和やかに楽しく行われた。

第25回大会の成績は次の通り。(順位は点数制により決定)
▽優  勝=塩澤夏雄 2段(高 2期)4勝0敗(30点)
▽準優勝 =原 俊夫 4段(高 9期)3勝1敗(24点)
▽第 3位=佐々木浩平 3段(高 7期)3勝1敗(23点)
▽第 4位=林  勉初段(高 7期)3勝1敗(22点)
▽第 5位=戸谷義弘 4段(高 7期)3勝1敗(22点)
▽第 6位=吉川 毅 3段(高 7期)3勝1敗(21点)
▽第 7位=福澤 泰 8段(高 7期)2勝2敗(17点)
▽第 8位=大野勝彦 4段(高15期)2勝2敗(17点)
▽第 9位=石原 勲 2段(高 9期)2勝2敗(16点)
▽第10位=北原恒扶 6段(高 2期)2勝2敗(15点)
▽第11位=中塚芳信 3段(高22期)2勝2敗(15点)
▽第12位=北林 巌 2段(高17期)2勝2敗(15点)
▽第13位=宮澤英雄 3段(高 7期)2勝2敗(14点)
▽第14位=桐生鉄男 3段(高16期)2勝2敗(13点)
▽第15位=渋谷壽郎初段(高15期)1勝3敗( 9点)
▽第16位=奥村勝亮 2段(高 6期)1勝3敗( 8点)
▽第17位=今村毅夫 6段(高15期)1勝3敗( 7点)
▽第18位=高木 傳初段(高14期)1勝3敗( 6点)
▽第19位=五十君亘弘初段(高5期)0勝3敗(0点)
▽第20位=久保田實 2段(高 5期)0勝3敗( 0点)
▽第21位=金田明夫 7段(高 7期)0勝0敗( 0点)

★「在京飯田高校」第26回囲碁大会は、来春2018年(平成30年)3月10日(土曜日)に、日本棋院・ 3階対局室での開催を予定しています。
飯田高校囲碁の会は発足以来ますます盛大になって来ています。飯田中学の皆様をはじめ高校の各期にわたり、囲碁を楽しむ同窓生が楽しく和やかに交歓する場です。
飯田高校卒業生で囲碁を打たれる方はどなたでも歓迎します。初心者や級の低い方でもかまいません。ぜひご参加ください。
また「囲碁サロン・いいだ」も月に1回ないし2カ月に1回開催しています。こちらは楽しい囲碁と懇談の場です。ぜひご参加ください。(申し込みおよびお問い合わせは下記まで)

《連絡先》:金田明夫 ▽〒242-0014  神奈川県大和市上和田1713-5
▽電話&FAX  046―267-5916
▽G-Mail  kanadaakio@gmail.com
(写真の上でクリックすると、拡大写真が見られます。)

復刻「人間 宮沢芳重」刊行のご案内

昨年6月の飯田高校定期総会において「宮澤芳重の会」が地域への貢献が大であるとして高松賞を受賞しました。会を代表して挨拶に立った松下拡会長は、飯田大学の創設を唱え、飯田高校天文台の設置に貢献し、「学ぶこと」の大切さを教えてくれた宮澤芳重さんを今後も顕彰していくことを述べられました。
そして今年5月に、多くの人々に関心を持って読んで戴くために、絶版となっていた「人間 宮沢芳重~その反俗の生涯~」(下沢勝井、松下拡著)を復刻させました。飯田高校同窓生は勿論、飯田下伊那地区の多くの方々に復刻版を是非お読み戴きたいと思います。
信濃毎日新聞記事
復刻「人間 宮沢芳重」案内

「今年度同窓会総会にてオリジナルTシャツ販売」のご案内

11月11日(土)に開催される今年度の在京飯田高校同窓会総会は、高32回生、高42回生が当番幹事です。幹事の発案により、飯田高校オリジナルTシャツを制作、販売することとなりました。更なる郷土愛・母校愛を醸成することを目的とし、同窓生がひとつになるシンボルとして「IIDA」の文字と風越山をデザインし、校章も入れたものです。(デザインのイメージはこちら
11月11日(土) 同窓会場(アルカディア市ヶ谷) のみでの販売となります。
ぜひご参加、ご購入くださいますようお願いいたします。。

◯制作枚数・サイズ  限定200枚(S、M、L、XL)
◯カラー  1色(あらゆる年代で着用できる紺色)
◯価格  1枚 3,500円
〇問い合わせ先  吉澤広和(高32回)

2017年度 飯田高校同窓会定期総会(名古屋)の報告

去る6月11日(日)に飯田高校同窓会定期総会が名古屋のキャッスルプラザで開かれ、250名が参加しました。 首都圏支部からの参加者は、30名でした。
幹事学年の高21回生は75名が参加しました。
その模様は、大原直さん(高21回)が速報的に報告してくださいました。

その後、担当幹事の高21回生がホームページに記録を掲載してくださいました。
文章は北原重敏さん、西村雅史さん(実行委員長)、小林伸さん(学年代表)作成。
写真担当は、西尾秀文さん。いずれも高21回生です。

第13回「飯田ゆかりの地を歩こう会」報告記

 2017年5月20日(土)に第13回「飯田ゆかりの地を歩こう会」(会長:牧内雪彦さん(中47回、講談脚本家))が開催されました。

【コース】
 当日は夏のような暑さの中で、36名が新宿駅西口に集合し、新宿駅から京王武蔵野台・本願寺→府中の森公園→明大 内海・島岡ボールパーク→多磨霊園→武蔵小金井駅のコースをたどりました。

【午前】
・まず、新宿駅より京王武蔵野台駅へ向かい、駅に近い本願寺を訪ねました。この本願寺は、徳川家臣旗本の宮崎泰重(阿智村出身)が造営に貢献したもので、泰重と子孫の菩提寺となっています。
・参拝後、再度京王線で武蔵野台駅から東府中駅へ移動し、府中の森公園内で休憩し、それぞれ緑の中で青空昼食を摂りました。

【午後】
・明治大学「内海・島岡ボールパーク」へ移動し、郷土の先輩島岡吉郎監督(高森町出身)の偉業を顕彰した胸像を訪ね、折しも対戦中の明治大学と法政大学の延長戦をひと時観戦しました。
・そのまま徒歩で多磨霊園へ移動し、広大な霊園の中に点在する郷土出身の偉人、先達の方々の墓碑を参拝しました。

<参拝した墓所>:今村力三郎(弁護士、専修大学総長)、中村不折(高遠出身の書家・画家、飯田小学校教師時代菱田春草を教える)、下村観山(菱田春草の友人)、北原白秋(詩人、童謡作家、歌人)、岸田國士(劇作家、小説家、岸田今日子の父)

【打上げ】
・帰路は霊園のバス停からバスでJR武蔵小金井駅まで移動し、駅近くの居酒屋「魚鮮水産」武蔵小金井店で打ち上げを行いました。 
・懇親会では恒例の下島晃さん(高19回)による歴史クイズで盛り上がり、全員のスピーチの後、校歌、応援歌、「信濃の国」を熱唱しました。

案内詳細は、こちら
松原秀幸さん(高19回)撮影の写真は、こちら

第24回大会

「在京飯田高校囲碁の会」(平田 達会長)は、第24回囲碁大会を2017年3月11日(土曜日)に、東京・市ヶ谷の日本棋院3階対局室C室で開催した。参加者は21名だった。
大会に先立って平田 達会長は、「本日はちょうど、東日本大震災から6周年を迎える日となりました。あの震災では大変多くの方が亡くなり、今も苦しい時を過ごしていられる方が大勢いられる中で、私たちはお蔭さまで今日も元気に囲碁を楽しむことが出来ることに心から感謝致します」と述べ、併せて「在京飯田高校囲碁の会として、飯田高校同窓会の教育振興基金賛助金に3万円を支出した」ことを報告した。

24回囲碁大会の参加者の内訳は、中学47期1名、高校2期2名、高校5期1名、高校6期1名、高校7期5名、高校9期2名、高校11期2名、高校14期1名、高校15期3名、高校16期2名、高校17期1名、高校22期1名。

大会は、抽選により各人4戦を戦った。その結果――
優勝は、4戦全勝の福沢 泰(7期)7段。準優勝以下は3勝1敗の中から得点および抽選により決定し、準優勝は渋谷壽郎(15期)初段、3位今村毅夫(15期)5段、4位高木傳(14期)初段、5位桐生鉄男(高16期)3段の順となった。

表彰式のプレゼンテーターは平田会長。優勝者の福澤さんは「どの戦いも幸運に恵まれ僅差の勝ちでした」と述べた。今年9月開催予定の25回大会に、お互い元気に参加することを期して散会した。その後は会場近くの居酒屋に移り、有志による反省懇親会が和やかに楽しく行われた。

第24回大会の成績は次の通り。(順位は点数制により決定)
▽優  勝=福澤 泰7段(高 7期)4勝0敗(30点)
▽準優勝 =渋谷寿郎初段(高15期)3勝1敗(24点)
▽第 3位=今村毅夫5段(高15期)3勝1敗(24点)
▽第 4位=高木 傳初段(高14期)3勝1敗(23点)
▽第 5位=桐生哲男3段(高16期)3勝1敗(23点)
▽第 6位=大野勝彦4段(高15期)3勝1敗(22点)
▽第 7位=中塚芳信3段(高22期)3勝1敗(22点)
▽第 8位=佐々木浩平3段(高7期)2勝2敗(16点)
▽第 9位=古島史雄5段(高11期)2勝2敗(16点)
▽第10位=北原恒扶7段(高 2期)2勝2敗(15点)

▽第11位=北林 巌初段(高17期)2勝2敗(15点)
▽第12位=吉川 毅3段(高 7期)2勝2敗(15点)
▽第13位=平田 達6段(中47期)2勝2敗(13点)
▽第14位=宮澤英雄3段(高 7期)1勝3敗( 8点)
▽第15位=大野忠彦初段(高 9期)1勝3敗( 8点)
▽第16位=石原 勲2段(高 9期)1勝3敗( 8点)
▽第17位=知沢吉雄2段(高 9期)1勝3敗( 7点)
▽第18位=塩澤夏雄2段(高 2期)1勝3敗( 6点)
▽第19位=奥村勝亮2段(高 6期)1勝3敗( 6点)
▽第20位=金田明夫7段(高 7期)0勝1敗( 0点)
▽第21位=久保田實3段(高 5期)0勝3敗( 0点)

★「在京飯田高校」第25回囲碁大会は、今秋2017年(平成29年)9月9日(土曜日)に、日本棋院・3階対局室での開催を予定しています。《※なお、都合により1週間後の9月16日(土曜日)になるかも知れません》

飯田高校囲碁の会は発足以来ますます盛大になって来ています。飯田中学の皆様をはじめ高校の各期にわたり、囲碁を楽しむ同窓生が楽しく和やかに交歓する場です。
飯田高校卒業生で囲碁を打たれる方はどなたでも歓迎します。初心者や級の低い方でもかまいません。ぜひご参加ください。

《連絡先》:金田明夫 ▽〒242-0014  神奈川県大和市上和田1713-5
▽電話&FAX  046―267-5916
▽E―Mail  kanadaakio@gmail.com
(写真の上でクリックすると、拡大写真が見られます。)

【記事の更新情報】

注目

2017年10月15日 「同窓会ニュース」に「人間 宮沢芳重」復刻記念イベントの案内掲載、
「お知らせ」に第14回歩こう会開催日変更を掲載
2017年10月 4日 「機関誌 稲穂」に第14号の表紙と内容を掲載(全文は後日掲載)
2017年 9月29日 「お知らせ」に同窓会総会案内、維持会費納入のお知らせを掲載
2017年 9月25日 「同窓会ニュース」に銀座NAGANO会報「つなぐ」10月号掲載
2017年 9月18日 「在京囲碁の会」に第25回大会報告を掲載
2017年 9月10日 「お知らせ」に第14回歩こう会の案内掲載
2017年 8月27日 「同窓会ニュース」更新、「いこいの広場」を更新
2017年 8月20日 「同窓会ニュース」を更新
2017年 7月22日 「同窓会ニュース」更新、「いこいの広場」を更新
2017年 7月20日 「お知らせ」にTシャツ販売の案内掲載、
同窓会ニュース」に銀座NAGANO会報「つなぐ」8月号掲載

銀座NAGANO会報「つなぐ」

会報「つなぐ」2017年10月号を掲載しています。
特集は、「塩尻ワインの魅力」です。

銀座NAGANOホームページ

バックナンバー:
会報「つなぐ」2017年9月号…….駅弁で味わう、信州山ごはん
会報「つなぐ」2017年8月号…….列車とバスで巡る、信州の夏旅
会報「つなぐ」2017年7月号…….北アルプス国債芸術祭 開幕!
会報「つなぐ」2017年6月号…….歴史と風土が息づく 信州伝統のお茶の友
会報「つなぐ」2017年5月号…….信州おやき
会報「つなぐ」2017年4月号…….伊那谷、桜物語~高遠城址公園、そして光前寺へ
会報「つなぐ」2017年3月号…….厳寒の冬が育む 信州伝統の保存食
会報「つなぐ」2017年2月号…….木曽路の手仕事探訪
会報「つなぐ」2017年1月号 …. 「野沢温泉 道祖神祭り」など
会報「つなぐ」2016年12月号…..飯田の伝統工芸「水引」の特集

 

稲穂【第十三号】2016/10/1刊


題字は、高田墨山氏(高7)の書です。
<各全文表示は、「Shift」キーを押しながらクリック。別ページで開きます。>
表紙:「Cityscape-1525」 北野敏美作
目次ページ
アングル 飯田人が守った石灯籠
『稲穂』第13号の発刊に当って 
同窓会 参加してこそ!(佐々木康夫)
随想 反骨の弁護士正木ひろしの素顔と魅力 (古畑恒雄)
随想 1964東京オリンピック 初の衛星中継の成功物語 (小塩立吉)
インタビュー 調香師として生涯現役
振り返れば香りまみれの人生 (茅原直人)
随想 第二の人生 画廊経営に挑戦 (山岸三樹)
随想 人形劇と付き合って40年 (松澤文子)
随想 甲子園を夢見て (田中正俊)
特別寄稿 海とマグロと同窓と 出会いの思い出 (上柳昭治)
写真で見るふるさと南信州 阿南町 下條村
随想 南信州を彩る伝統野菜 (久保田淳子)
平成27年度在京飯田高校同窓会講演から
口腔と健康 (石原和幸)
随想 私が帽子を作っている理由 (下平紀代子)
随想 ブータン訪問記 (櫻井 孝)
随想 放射線発がんの研究に携わって (小木曽洋一)
随想 「胡桃澤盛日記」について (胡桃澤克成)
随想 3.11 特急あずさ車内での被災体験 (小澤千穂子)
随想 下北沢に生きて、人と街をつなぐ (下平憲治
・フレッシュトーク 大越森平/小平泰子
今号の表紙画家 版に日常と生命の記憶をかさねる (北野敏美)
各期同期会のトピック・エピソード
平成28年度・在京飯田高校同窓会のご案内
編集後記

第12回「飯田ゆかり地を歩こう会」報告記

 2016年10月30日(日)に第12回「飯田ゆかりの地を歩こう会」(会長:牧内雪彦さん(中47回、講談脚本家))が開催されました。
当日は今年一番の冷え込みでしたが、34名が10時に上野駅に集合し、浅草寺で参拝してスカイツリーを観ながら墨東(隅田川の東側)を歩くコースをたどりました。行き先々の飯田ゆかりの地で博覧強記の牧内会長の説明を受けながら、予定のコースを同窓生同士で楽しく歩きました。

【コース】上野・浅草そして墨東、向島から木母寺まで
【午前】上野から浅草まで歩く
    ○海禅寺(旗本近藤家旧菩提寺)、合羽橋から仲見世へ
     ・海禅寺は江戸前期の信濃近藤藩主であった近藤政成(堀秀政の四男、養父は近藤重勝)の菩提寺
    ○浅草寺参拝、同境内の「映画弁士塚」の石碑
     ・映画弁士塚は徳川夢声など、明治大正期の無声映画が活動写真として盛んだった頃の百余名の弁士達の名が刻まれている。
    ○河竹黙阿弥旧宅跡
     ・河竹黙阿弥の娘婿が河竹繁俊。河竹繁俊(飯田市山本出身で旧姓は市村)は日本の演劇学者で、早稲田大学演劇博物館館長を務め、演劇史を研究した。

【昼食】「アサヒビール リバーピア」にて

【午後1時】東武線東京スカイツリー駅から東向島駅まで乗車
    ○秋の向島百花園
     ・秋の七草の覚え方を「お好きな服は」と教わる
     (お:女郎花、す:すすき、き:桔梗、な:撫子、ふ:藤袴、く:葛、は:萩)。
    ○木母寺(もくぼじ。通称もっぽじ)(梅若塚)を訪ね、「天下の糸平」の大きな石碑を観る。
     ・田中平八は赤須村(現駒ケ根市)に生まれ、飯田城下の魚屋に丁稚奉公し、染物屋の娘と結婚し、田中家の婿養子となる。紆余曲折を経て、1865年に横浜に「糸屋平八商店」を開業し、生糸・為替・洋銀・米相場で巨利を得て、「天下の糸平」と呼ばれた。没後、1891年に伊藤博文の揮毫による「天下之糸平」の石碑が建立された。

【午後3時30分】東武線鐘ヶ淵駅から、浅草駅を経緯して、銀座線神田駅まで乗車
【午後4時】居酒屋「北海道 秋葉原店」で打ち上げ
     ・懇親会は33名が参加し、佐々木康夫在京同窓会長(高15回)のご発声で始まり、和気藹々とした雰囲気の中で同窓生同士の絆を深めました。
     ・恒例となっている世話役の下島明さん(高19回)が作成した歴史クイズを楽しみ、その後全員がスピーチを行いました。最後は応援歌「友よ若木の」と飯田高校校歌を全員で合唱し、歓声の中で散会しました。(文責 大原直(高21回))

案内詳細は、こちら
以下、松原秀幸さん(高19回)が撮影した写真
dsc_3234sdsc_3241dsc_3257sdsc_3270sdsc_3271sdsc_3272s

 

H28(2016)年総会記録

・期日 2016年11月12日(土)13:00~16:30 受付12:30より
・場所 アルカディア市ヶ谷 5階「穂高」
・タイムスケジュール
  第一部 総会 13:00~13:30
  第二部 講演会 13:30~14:30  講演内容と講師紹介
    講演テーマ  ~アンテナショップからブランド創造拠点へ~
          銀座NAGANOから見えてきた地域活性化のヒント
    講師 熊谷 晃氏(高31回) 長野県東京事務所 所長 (前銀座NAGANO所長)
  第三部 懇親会 14:45~16:30
・担当幹事 高31回、高41回

報告記は、こちら 大原事務局長(高21回)記
写真は、ごちら  担当幹事(高31回)撮影

第23回大会

 「在京飯田高校囲碁の会」(平田 達会長)は、第23回囲碁大会を2016年9月10日(土曜日)に、東京・市ヶ谷の日本棋院3階対局室C室で開催した。
参加者は24名の申し込みだったが、当日急用等で3名が欠席、計21名だった。
囲碁会メンバーの高2期・中川 清5段が急逝されたことが報告され、黙祷した。中川さんは、両足切断というハンデにもめげず車を運転し来院、車椅子にて対局、昨秋第21回大会で全勝優勝、今春の22回大会でも準優勝…と素晴らしい戦いを見せ、今回への参加も楽しみにしていた。<追悼>
大会に先立って平田 達会長は、「意欲を持つと身体も心も強くなる。当囲碁会メンバーの奥村晃作さんの新しい歌集・『ビビッと動く』に碁の歌があり、<理不尽な一手に怒り白の石取りに行ったが競り合って敗く>と歌っている。理不尽にはきちんと対応し咎めなくてはなりません」と、強い気持ちと着手に関して熱く語った。

 23回囲碁大会の参加者の内訳は、中学47期2名、高校2期2名、高校7期6名、高校9期2名、高校11期2名、高校12期1名、高校14期1名、高校15期3名、高校16期1名、高校22期1名。

大会の結果――
A組優勝は、4戦全勝の平田 達(中47期)6段。準優勝は飯田から参加の佐々木浩平(7期)3段、以下3位福沢 泰(7期)7段、4位佐々木功(12期、5位石原 勲(9期)2段の順。
B組優勝は、3勝1敗の中塚芳信(22期)2段。準優勝は林 勉(7期)3段、以下3位大野勝彦(15期)4段、4位戸谷義弘(7期)4段、5位吉川 毅(高7)3段の順。
表彰式のプレゼンテーターは北原恒扶(高2期)さん。優勝者の弁、記念写真撮影で閉幕、明春3月の大会に、お互い元気に参加することを期して散会した。その後は会場近くの居酒屋に移り、有志による反省懇親会が和やかに楽しく行われた。

第23回大会の成績は次の通り。(順位は点数制により決定)
≪A組≫
▽優 勝=平田 達6段(中47期)4勝0敗(30点)
▽準優勝=佐々木浩平3段(高7期)3勝1敗(23点)
▽第3位=福澤 泰7段(高 7期)3勝1敗(22点)
▽第4位=佐々木功4段(高12期)2勝2敗(17点)
▽第5位=今村毅夫5段(高15期)2勝2敗(15点)
▽第5位=石原 勲2段(高 9期)2勝2敗(15点)
▽第7位=古島史雄5段(高11期)2勝2敗(13点)
▽第8位=渋谷寿郎初段(高15期)1勝3敗(8点)
▽第9位=塩澤夏雄2段(高 2期)1勝3敗(7点)
▽第10位=北原恒扶7段(高2期)0勝4敗(0点)

≪B組≫
▽優 勝=中塚芳信2段(高22期)3勝1敗(24点)
▽準優勝=林  勉3段(高 7期)3勝1敗(23点)
▽第3位=大野勝彦4段(高15期)3勝1敗(22点)
▽第4位=戸谷義弘4段(高 7期)3勝1敗(21点)
▽第5位=吉川 毅3段(高 7期)2勝2敗(17点)
▽第6位=知沢吉雄2段(高11期)2勝2敗(13点)
▽第7位=大野忠彦1級(高 9期)1勝3敗(9点)
▽第8位=木村和夫4段(高 2期)1勝3敗(8点)
▽第9位=桐生哲男3段(高16期)1勝2敗(7点)
▽第10位=金田明夫7段(高7期)1勝0敗(6点)

 ★「在京飯田高校」第24回囲碁大会は、今秋2017年(平成29年)3月11日(土曜日)に、日本棋院・3階対局室での開催を予定しています。
飯田高校囲碁の会は発足以来ますます盛大になって来ています。飯田中学の皆様をはじめ高校の各期にわたり、囲碁を楽しむ同窓生が楽しく和やかに交歓する場です。
飯田高校卒業生で囲碁を打たれる方はどなたでも歓迎します。初心者や級の低い方でもかまいません。ぜひご参加ください。

《連絡先》:金田明夫 ▽〒242-0014  神奈川県大和市上和田1713-5
              ▽電話&FAX  046―267-5916
              ▽e―mail  kanadaakio@gmail.com
igo_23-1igo_23-2igo_23-3igo_23-4